マグロ散ル、水蒸気の朝に。

ぱっさんがマグロとは特に関係の無い話をたまに書きます。

最近の事件

 

私は毎日朝晩風呂に入り、週3くらいでスーパー銭湯に行ってサウナで汗を流すレベルの風呂好きなのだが、先月あたりから行きつけの銭湯を変えた。

 

それまで通っていたのは家から車で25分、岩盤浴が充実していて設備も新しく大体混んでいるところ(回数券50枚綴りで1回あたり470円)。

最近行き始めたのは家から車で15分、昭和のバブルの名残が色濃く設備も新しくはないけど人口密度が全く高くないところ(回数券22枚綴り+無料入泉券2枚で1回あたり500円)。

 

シャワーの温度は変えられないし、そもそもシャワーヘッドは固定。

辛うじて角度は変えられる。

風呂椅子は無く、大理石(じゃないと思うけどそんな感じの石)がシャワーの前に設置されている。

その石に座って体や髪の毛を洗うのだ。

男湯と女湯の天井が繋がっていて、時折男湯からおっさんが痰を吐く効果音が響く。

でもサウナが塩、ミスト、普通のフィンランドサウナの3種類あるんだなあ。

しかも大体いつ行っても空いている。

湯船に浸かっている人が誰もいない…がよくある。

人が少ないからお湯もめちゃめちゃ綺麗。

天然温泉ではないけど、そのへんのこだわりは全くないので問題無し。

お風呂の種類もそこそこあり、水風呂も広くて温度も丁度良い。

 

前行っていたところは土日に行くと芋洗い状態に近く、お湯から異臭がすることもあった。

そこの塩サウナが好きだったので通っていたのだが、常連のおばちゃんたちの派閥争いを間近で見ながら人の悪口ばかり聞いていると心が汚れていく感じがして…

あと外国人の方も多く、もともとの土地柄もあってか民度の低さを感じることが多かった。

露天風呂も広かったしフィンランドサウナで熱波をあおいでくれるサービス(ロウリュ)もあるので、時間帯をずらせばたまに行くのも良いかも知れない。

回数券もまだ残っている。

岩盤浴の種類も豊富だし、友人と行くなら絶対にこっちを選ぶ。

フードコートの選択肢も豊富。

 

しかし私は風呂屋に通いたい。

風呂屋に通うことで体重をコントロールしている部分がとても大きい。

だから気軽に行ける近場の風呂屋が他に無いかな〜と思い、検索して見つけたのが最近通っているスーパー銭湯だ。

そこの回数券は11枚綴りを10回分の料金で買える。

毎月26日の風呂の日とか、月に何度かあるサービス期間中に買うと無料入泉券が付いて来たりもする。

 

一度行ってすっかりやみつきになってしまった私は、すぐに回数券を購入した。

ここの回数券は1枚ずつ切り離して行くタイプ。

 

f:id:magurochiru:20180329212747j:image

1枚がこのサイズ。

いつも1枚ずつ家で切り離してから財布に入れて持って行き、車の中でポイントカードと一緒に準備してから受付に向かう。

 

f:id:magurochiru:20180329212940j:image

こんな感じで。

 

ちなみに全然関係ないんだけど、私は財布に娘と撮ったプリクラを入れている。

「娘さんの写真とか無いんですか?」

と聞かれた時にすぐ出せるように。

iPhoneのカメラロールは私の自撮りが多数入っているので、そこまで距離の近くない他人に差し出すことは危険であると考慮した結果だ(しかし未だに「娘さんの写真とか無いんですか?」と聞かれたことがない)。

 

f:id:magurochiru:20180329213350j:image

そのプリクラがこれ。

 

お気付きだろうか…

風呂屋の回数券とプリクラの形、サイズ、ほぼ同じだということを……

 

f:id:magurochiru:20180329221049j:image

大体同じ!!

 

ある日私は寝起きでぼーっとしたまま風呂屋に行った(スーパー銭湯の表記がめんどいので風呂屋に統一しよ)。

いつものように回数券とポイントカードを携えて風呂屋の入口を抜け、下駄箱に靴を入れた。

その時点でこれだ。

 

f:id:magurochiru:20180329215405j:image

勘の良い方ならもうおわかりでしょう。

私はこの状態で受付に向かった。

この時点で何も気付いていなかった。

危うくこのままうっかり出すところだったのだが、珍しく先客がいたために何気なく手元を見た。

二度見した。

 

f:id:magurochiru:20180329215405j:image

?????

 

えっ何で私プリクラ出してるの??

受付のおばちゃんに

「娘さんの写真とか無いんですか?」

と聞かれたわけでもないのに???

 

脳が混乱していたが慌ててプリクラを財布にしまい、回数券を出した。

f:id:magurochiru:20180329212940j:image

あっっぶねーー!!

先客のおじさん、そこにいてくれてありがとう…

生まれて来てくれてありがとう……

私は行きつけにしようとしている風呂屋の受付のおばちゃんに求められてもいないのに自分のプリクラをうっかり差し出すところだったよ。

せっかく見つけた良い風呂屋に行けなくなるところだったよ(恥ずかしすぎて)。

 

という九死に一生を得た最近の事件でした。

お気付きでしょうが相変わらず平和な日々を送っています。

オチは特に無いです。

 

 

 

◎最近のぱっさん◎

3/20

注文していた彼氏とお揃いの指輪を取りに行った!

f:id:magurochiru:20180329223526j:image

スタッズが並んだかわいくてシンプルなデザイン。

石の色が選べたけど、満場一致で「クリアでしょ」となったので白っぽいダイヤもどきみたいな小さな石が入っている。

発注を受けてから一つずつ作っているらしく、今後何かカスタムしたくなった時にもすぐに対応してもらえるらしい。

名前を入れたいとか石を変えたいとかサイズを調整したいとか、他に何かくっつけたいとか…

とりあえず長く使えるようになくさないことと、今以上に太らないことが第一ですね。

 

と書いている矢先にアレなのですが、今日(3/29)彼氏とリトルワールドに行って一日中着けていたら全身が浮腫んで指輪が抜きにくくなってしまったのでマジでもう本当に痩せよ…

40kgになりたい(涙)

 

この日に彼氏と半分こして食べた味仙ちゃん。

f:id:magurochiru:20180329224234j:image

小袋と青菜炒め。

 

f:id:magurochiru:20180329224337j:image

念願のホルモンラーメン♡

 

小袋は冷たくてびっくりしたけどピリ辛で美味しかった!

ホルモンラーメンはブラックペッパーが効いていて、彼氏曰く「ケンタッキーみたいな味がする…」だそうです。

でも美味しかったよ。

青菜炒めは言わずもがな。

 

この日の夜にバスで娘と東京まで行く予定があったので、ドトールでお茶して早めに解散。

f:id:magurochiru:20180329224656j:image

かぼちゃのタルトが大好き。

因みにこの日も帰宅してから夜出発するまでの間に風呂屋に行きました(風呂屋大好きマン)。

 

 

3/20の夜、娘と夜行バスで東京へゴー!

娘が好きなまふまふさんという方のライブを観に幕張メッセまで行く。

2日間3万人の動員予定に10万件の応募があり、まさにチケットをもぎ取ったという感じ。

2回目の先行で取れたのは奇跡だったね。

 

f:id:magurochiru:20180329224856j:image

はからずも双子コーデのようになってしまった私たち。

私は面倒だし知り合いに会うわけでもないので0泊3日のバス旅(途中ライブ含む)の間ずっとすっぴんマスクです。

 

この週は3月の中でもピンポイントで寒かった週で、雨も降っており23時半発のバスに乗るまで濡れながら待機…

朝5時過ぎに東京駅着、そのまま京葉線に乗って海浜幕張駅へ。

到着したのは6時半くらいだったけど、既に物販列が出来ていた。

 

f:id:magurochiru:20180330093158j:image

やばない???

 

私たちはまだ早かった方で、このあともどんどん物販列は伸びて行った。

途中から雨が降り始め、後ろの女の子2人の喋り方が完成された女のオタク(やたら早口で声が大きく居心地悪そうな笑い方…)だったので眠いし寒いし気分が滅入る。

早くこの2人から離れたい…と思っていると、ようやく8時になりホールの中に入れてもらえることになった。

 

f:id:magurochiru:20180330093519j:image

その時点でこれ。

幸い女オタクとは離れられたので、娘と虚無の表情を浮かべながら物販開始を待つ。

一覧の中から欲しいものにチェックを付けてスタッフさんに渡すやり方は、コミュニケーションを取るのが苦手な人間にとってとても有り難いシステムだなと思います。

 

物販開始が9時過ぎ(10時からだったけど前倒しされた)、買い終わったのが10時前くらい。

娘はフードのコーナーに並んでいたけど、私は寒すぎて屋内で

「風呂に入りたい…暖かい場所に行きたい…」

とうわごとを呟いていた。

 

f:id:magurochiru:20180331051847j:image

娘が買ったまふてるまん。

私は娘が食べている間床にうずくまって寒さに耐えました。

 

朝から口にしていたものといえばグミ(私)と一本満足バー(娘)のみだったので、お昼はいいもの食べよう!としゃぶしゃぶ食べ放題に行った。

物販で並んでいるときに娘に「何食べたい?」と何度聞いても

サイゼリヤ

としか返って来なかったのだが、私は金の力でもう少し美味しくて暖かいものが食べたい…と思った結果がしゃぶしゃぶだった。

サイゼリヤは近所にあるからお友達と行きなさいね。

 

f:id:magurochiru:20180331071716j:image

牛豚食べ放題のコースにした!

でもやっぱりそんなにめちゃめちゃ沢山は食べられない。

けど美味しかった!肉…

 

開場が14時半、開演が16時で、トイレに人だかりが出来ている、1時間以上並ぶ、という情報を得たためギリギリまで近くのアウトレットで粘って15時半過ぎに入場。

113列くらいある中の101列目。

ステージが1kmくらい先にある。

音が聞こえるだけで有難い…(娘が幼少期にアーバンのライブで発した名言)

 

私は娘がカラオケで歌っている曲をぼんやりとしか知らなかったけど、お歌は上手いしステージはエンターテイメントって感じでなんだかじーんとしてしまった。

若者が一生懸命頑張っている姿に弱いの…

娘と一緒にペンライトを振って楽しかったな〜!

たまには全く違うジャンルのライブに行くのも良いものだな!

 

19時頃終演、満員の京葉線で東京に戻り、バスの時間まで2時間強あったのでカラオケに行ったらさあ…

1人30分500円+ドリンク代×2時間で、彼氏といつも行くラブホより高くついてしまった。

都会の厳しさを目の当たりにしましたね。

寒かったし雪みたいな雨が降っていたし仕方ない…

 

帰りもバスで、5時過ぎに名古屋に着き娘は帰宅後即風呂に入って学校へ。

そこまでして…という気持ちもあるけど、好きなアーティストのライブに行きたい気持ちも皆勤賞を死守したい気持ちも分かるので、娘には強いバンギャになってほしい。

私はひたすら一日寝て過ごしました。

 

 

そして3/29(だらだら書いていたらもう一昨日になってしまった)、彼氏と1ヶ月ぶりのリトルワールドに行った!

この日の最高気温は26℃、幕張に行った日は最高気温が一桁だったのにこの違いは何…

完全に春だった。

 

f:id:magurochiru:20180331075013j:image

ピンボケの桜。

 

f:id:magurochiru:20180331075041j:image

草刈りのおじさんと私と桜。

 

f:id:magurochiru:20180331075108j:image

おじさん入っちゃったからやっぱりもう1枚撮って!とお願いして撮ってもらった私と桜。

この日着ていたシャツは昨年の夏に彼氏の知り合いの人のお店で買った一点もののやつ。

ずっと着たかったけどすぐ寒くなってタイミングが無くて、やっと着られたので嬉しい!

 

あと靴も

f:id:magurochiru:20180331082743j:image

先日のDEZERTのライブで千秋が履いていたという軽率な理由で買ってしまったトーキョーボッパーをおろした。

この靴めちゃ可愛くて厚底なのにすごく歩きやすい。すごい。

昨年の夏からトーキョーボッパーの靴がずっと欲しくて、でも可愛いのが沢山あるから迷ってなかなか買えなかった。

千秋のお陰で良い買い物した。

あったかくなるし沢山履いて出掛けたいな。

 

f:id:magurochiru:20180331083029j:image

今回のリトルワールドごはん。

あとナシゴレンとバリとタイのスイーツを食べた(スイーツフェスタ開催中)。

何だかんだでバリが一番美味しいと思う。

辛いけど…

バリのお店の美人のお姉さんと顔見知りで色々と良くして頂いているので、バリ贔屓である。

バリのお姉さんは毎回「今日も可愛いね!」と言ってくれる。

心優しいお姉さん…

 

彼氏のことが好きな気持ちが付き合ってから尽きることがなくて、このまま死ぬまでずっと好きな気持ちが積み重なっていったらめちゃめちゃ幸せな気持ちで死ねるのでは??と思っている。

彼氏について惚気たいことが山ほどあるんだけど、ツイッターとかに逐一書くのもただの痛い女やなと思われそうなのでブログ書こ!

と思ってはてなブログを開いたのに何書こうとしたのか忘れてしまった。

最近プラのメンバーを見て可愛いおじさんたちだな〜としょっちゅう思っているのだが、彼氏も十分可愛かった。

一緒に健康で長生きしような!!

 

 

そして今日(3/31)からは2泊3日で長崎と福岡に一人旅です。

プラの春ツアー、名古屋が丁度幕張メッセの日と被ってて行けなかったから…

行けそうなとこあるかな〜と探したら九州だった。

長崎も福岡も昔住んでいた。

10代の黒歴史は九州で量産されたのである…††

でももう色々と変わってしまっただろうな。

ツアーは大きいハコと小さいハコの両方で観たいと思っていたから丁度良かった。

整番がどちらもめっちゃ良いのでライブまでに痩せなきゃ…と思っていたのに全く痩せないですね(寧ろ太った…)。

 

6年ぶりに高校時代の同級生とも会うよ。

6年ぶりにメールしたらまさかの妊娠8ヶ月だった。

いつも一緒にいた3人の中でその子が最初に結婚したり子ども産んだりするだろうなと多分学年の女子全員が思っていたけど(高1から卒業後までずっと付き合っていた彼氏がいた)、その子ではないもう1人の子の方が先だった。

高校卒業直前に妊娠してすぐ結婚して出産をし今や5児の母だ。

私も20歳で娘を産んだから本当に何があるかわからないね。

楽しみだな〜新幹線ひまだな〜〜

 

 

終わり

 

鼻水に殺される

 

花粉症というものと33年間全く無縁で生きて来たのに、今年初めて原因不明の目の痒さというものを感じた。

これは…もしや……

と思ったが知らないふりをして、入れたての洗濯物の香りをスーハースーハー嗅いだりした。

その後も外に出ると髪の毛の生え際や頭皮が痒くなったり、やっぱり目が痒くなったりしたけどまだ我慢が出来た。

元来の肌の強さから荒れたりすることもなく、ただなんとなく痒い、くらいなので、気を紛らしていれば何も感じないのであった。

 

しかし昨日の朝、いきなり鼻水の洗礼を受けた。

黙っていても水のようにシャビシャビした鼻水がどんどん落ちて来る。

まさに滝のような鼻水である。

花粉症の人々がよく言う「滝のような鼻水」ってこれか〜!と地味に感動していたけれど、直後にそれどころではなくなった。

とにかく何をしていても鼻水が垂れて来るのだ。

真剣な話をしていても、キラキラした推しの写真を眺めていても、彼氏とLINEをしていても、所構わず鼻水で顔面がべちゃべちゃになる。

そんなことある!?!?

とびっくりした。

自分の身に起こったことのない事象は全て都市伝説のようなものだと思っているので、花粉症も全て都市伝説だと思い込んでいた。

みんなそんな大袈裟な…と思っていた自分を殴り飛ばしたい。

花粉症というものは実在したのだ。

そして想像以上にしんどいものであった。

 

とりあえず鼻水をどうにかするため、家にあったアレルギーの薬(オロパタジン)を飲んだ。

これは以前娘が風邪をひいたときに、鼻水がひどくて処方されたものである。

「花粉症の人にも使う薬なので…」

と言っていたのを思い出したのだ。

しかしこのオロパタジンというやつ、めちゃめちゃ眠くなる。

私間違えてマイスリー飲みましたか??というくらい眠い。

終始ぼーっとしている。

頭のネジを数本抜かれたように、普段から回らない頭が輪を掛けて回らなくなる。

思考が出来ない。

今なら変な掛軸とか壺とか売られても買ってしまうかも知れない。

そして鼻づまりにより頭痛もひどい。

 

花粉症を都市伝説だと思い込んでいたときの私は、花粉症の季節に体調不良でドタキャンばかりする元彼に対して「花粉症ごときで…」と思っていた。

私が交際して来た歴代の男の人たちはなぜかみんな体が弱く、しょっちゅう体調を崩したり風邪をひいたりしてドタキャンばかりする人ばかりだった。

会えない理由を花粉症にすることで、花粉症を免罪符のように使われるのが嫌だった。

でも私はそう深く考えないので、男の人の方が体が弱いんだな〜男の子は風邪ひきやすいって言うしな…と思っていた。

現在の彼氏は体は強くはないけど(特に胃腸が弱い)、ドタキャンは絶対にしないのでえらいな〜といつも思っているのだ。

多少体調が悪くても「約束したから…」と会ってくれる(でも無理はしないでほしい)。

彼氏の人間として尊敬しているところは絶対に約束を守るところと、全く束縛をしないところである。

因みに彼氏も花粉症らしい。

そんなに重度ではなさそうではあるけど。

 

しかし花粉症でドタキャン、が今なら何となくわかる。

顔ぐっしゃぐしゃなのに外出たくないよな…と思う(でも歴代の人たちは精神を病んでいる度合いも高かったので、メンタルの不調で振り回されることも多く、それに関しては同情はしない)。

 

これだけ科学や医療が発達した世の中なのに、花粉という太古の昔から存在し続ける大自然の一部に翻弄されるなんて、人間って愚かな生き物だな…と思う。

これだけ先進医療が進んでいるのだから、花粉くらいどうにかしてほしい。

いや既にどうにか出来るのかも知れない。

私が知らないだけで…

なぜなら私は花粉症初心者なのだ。

花粉症を発症してまだ数日、ほやほやの花粉症の赤ちゃんなのである。

何も知らないのでこれから色々と学んでいかねばなるまい。

 

とりあえず病院に来てみたけど1時間から1時間半の待ち、と言われたので途方に暮れています。

病院に置いてあるティッシュをめちゃめちゃ拝借しているので心苦しい。

健康って尊いな……

 

 

(その後)

病院で受付をしてから1時間40分後、ようやく名前を呼ばれ、鼻の穴を覗かれたり喉の炎症を見られたり問診されたりした結果

「花粉症かなあ…今が一番ピークみたいだから…とりあえず2週間分薬出しとくね!」

と言われて終わった。

その間2分足らず。

でも処方してくれと言い忘れていたロキソニン(鎮痛剤・いつも頓服で出してもらってる)もちゃんと出してくれていたので許そう。

 

家に帰って来たら鼻水がぴたっと止まったんですけど何なんですかね…

昨日は家にいても鼻水ズルズルだったので、花粉が届かない場所に来たから、という理由ではなさそう。

「病は気から」的なやつでしょうか。

健康が一番!!

 

 

おわり

 

 

 

 

遺伝子レベルで恋をする

 

以前彼氏の写真を母に見せたとき、

「あんたの父親にそっくり…」

と言われたことがある。

両親は私が2歳くらいのときに離婚しており、最後に父に会ったのは小1くらいのとき。

台風の夜、なぜか大量のお菓子を届けに来てくれた。

今考えるとパチンコの景品だったのかな?とも思うけど、それ以降一度も会うことがなく、現在も生死不明なので真相はわからないまま今に至る。

 

私の記憶にある父は、写真の中に写っている顔ばかりだ。

面長で髭が濃く、昭和感丸出しのゴルゴ13みたいなサングラスを掛けている(ティアドロップという形らしい)。

彫りの深い顔立ちで、全体の印象はとても濃い。

北海道の生まれなので、先祖を辿るとアイヌとかロシアとかそっちの方の血が混ざっているのかも知れない。

脚が長くスタイルがとても良かった、と母は言う。

 

私の顔は父にそっくりだ。

父方の系統の血を強く引いている。

「ともちゃんはパパにそっくりだね〜」

と小さい頃はいつも言われていた。

現在も母には全く似ていない。

その一方で、目の離れ具合と鼻は母方に似てしまった。

特に鼻は母の祖母(私の曽祖母)であるフクばあちゃんにそっくりなので、母は「フクばあちゃんの呪い」と言う。

低くて平べったい団子鼻だ。

父に似たら鼻筋のスッと通った美人だったのに…と幾度となく言われて来た。

私もそう思う…

 

そんな私の父に、彼氏は似ているらしい。

私は写真の中の父しか知らないけど、母はリアルに動いている父の姿を知っているので信憑性はある。

ということは父にそっくりな私と、私の父に似ている彼氏の顔は似ているということなのでは??

と思ったけど別に似ていない。

当然ながら全くの別物である。

やはり目と鼻というパーツの存在感は偉大なのだ。

そこが父に似ていれば私も彼氏のように整った顔立ちをしていたかもしれない。

 

しかしながら、全く無意識のうちに父に似ている人のことを好きになり交際をし、その人は私の人生で一番長く「恋人」でいてくれている。

そしてこのまま最期の瞬間まで一緒にいたいと思わせてくれた。

そう考えると、私の遺伝子の中に父親に似ている人をパートナーとして選択するという情報が組み込まれていたのでは?とすら疑ってしまう。

もちろん彼氏のことは父のこと抜きで好きになったけど、私だけではなく人類という生物単位で考えたとき、自分の持っている情報と近しい人を選ぶということもあるのでは…と思う。

全く別のカテゴリにある人を選ぶ人もいるのでしょうが、情報が無いというのはリスクを伴うわけですし、ある意味ギャンブルに近い。

ということは、結果として保守的な性格な人がその道を選ぶのかな?と思います(私は多分保守的な方)。

 

昨日、友人が「夫婦は雰囲気が似ている人が多い」というようなツイートをしていて、それは自分の中にある情報と照らし合わせてある程度それに近い人物を選ぶからでは…

個人という個体で見たときに潜在的にあるのは両親の情報で、そこから個人が生まれ、その後両親どちらかに似た人を選んだ結果「似ている夫婦」が生まれるのでは…

という思考に至ったのでした。

でも生物学的に自分と遠い遺伝子の人に惹かれるという話も聞いたことがありますし(結果、思春期の娘は父親のにおいを嫌がるのだそう)、その情報が遠いか近いかなんて好きになって付き合ってみなければわからんよね(両親の情報ありきよね)、とも思うし、どうなんですかね。

私は父の情報が少なすぎるので父に似ている彼氏を選んだとも言えるし、潜在的な遺伝子情報により彼氏を選んだとも言える。

私と彼氏は見た目も性格も全然違うけど、今日は同じタイミングであくびをすることが多かったので、なんとなく似てきている部分はあるのかなあと思います(ただ単に2人とも眠かっただけかも)。

個人というのは個体だけど、太古の昔から脈々と続く遺伝子情報の塊でもあるんだなあと思ったのでした。

上手くまとめられないけど、彼氏のことが遺伝子レベルで大好きですよ!!という話です。

 

彼氏と出会う前に

「次に付き合う人は首筋に流れる汗を躊躇なく舐められるくらい好きな人にしよう」

と思っていたんだけど、そう思った直後に彼氏と出会い

「この人の汗なら喜んで舐められる!」

と思ったので、出会いって本当に不思議だ。

今は汗を舐めるどころか、老後は下の世話をしたい、若くして体が動かなくなる日が来たとしてもお世話をさせて頂きたい、とさえ思う。

そのレベルまで達したのは重ねてきた月日があってのことですね。

これをきっと愛と呼ぶのでしょう(あらやだ自分で言っといて恥ずかしい…)。

彼氏に同じ感情を持て、と言う気はさらさらないけど、これからも一緒にゲラゲラ笑えたらいいなあと思います。

ホワイトデーなので惚気てみました!!

 

 

f:id:magurochiru:20180313230317j:image

 

父親の写真を探してみたけど、さすがにもう無かった。

その代わり高校1年生の私の写真を発見した。

この頃52kgくらいありましたね…健康的…

物心ついた頃からずっと同じ顔だけど、やはり10代、肌のハリが違う。

あとなんかキラキラしてる(このあとダークサイドに堕ちる††)。

一緒に写っているのは先代の猫ひかるちゃん。

5歳くらいかな。

今のなのちゃんより若かったんだな〜不思議…

昨年辺りにツイッターで知り合い仲良くさせて頂いている猫飼いさんも同じ名前なので、なんだか勝手にご縁を感じています。

 

人間には感情というものがあるけれど、それ以前に遺伝子みたいなシステマチックなこととか、縁みたいなスピリチュアル的なこととか、そういうものが根底にあって無意識のうちに操作されているのかも知れないね〜(別に変な宗教とかにはハマってないです)。

たまにこういうことを延々と考えるんだけど、頭の回転が緩いので途中でこんがらがったり、今何の話してました??と自問することも多いので年取ったな…と思う。

昔は答えの出ない問いを寝ても覚めても考えていられたのにな。

暇だったんだろうな…

 

 

◎最近のぱっさん◎

久しぶりにブログを書いたので全然記録出来ていないけど、相変わらず愉快に生きています。

 

以前ツイッターに載せた久しぶりのねこまんが

f:id:magurochiru:20180313233710j:image

f:id:magurochiru:20180313233810j:image

f:id:magurochiru:20180313234014j:image

f:id:magurochiru:20180313234048j:image

彼氏といると常に笑わせてくれるので全く飽きない。

 

今日(3/13)は蒲郡に行きました。

f:id:magurochiru:20180313234743j:image

コウペンちゃんも一緒にお出かけ。

私「だいすきなんだよ〜」

彼「……え??(聞いてない)」

 

f:id:magurochiru:20180313235042j:image

f:id:magurochiru:20180313235056j:image

ラグーナのおさかな市場で海鮮丼と海鮮焼きを食べた。

干物屋さんのお兄さんがとても親切で良い方だったので、アジとイワシの干物を買いました。

 

f:id:magurochiru:20180313235245j:image

その後、約半年ぶりの竹島へ。

水族館が火曜日休みと知らず、いつも行く水族館そばの海鮮焼きのお店もお休みだった。

ここでソフトクリームを食べる予定だったのだ…残念。

お天気も良かったし、ファンタジー館のあたりまで歩いて魚屋さんを眺めていたらなんと15時から半額!

1600円のブリ1本(血まみれ)も半額!

皆戦々恐々と刺身にむらがっている。

彼氏はシャコを3パックゲットし、ご満悦であった。

 

f:id:magurochiru:20180313235736j:image

なんか竹島で甘いもの食べたらええやん、と言われていたけど全然見つけられなくて、最終的にたどり着いたのは自販機のアイスだ。

ハーシーチョコモナカ。

彼氏にご馳走してもらった!

久しぶりに食べたら美味しかった。

 

いつものポーズ(3回目)

f:id:magurochiru:20180314000134j:image

 

竹島は相変わらずのんびりした時間がひたすら流れていて、とても良かった。

お天気が良くて暖かかった〜〜

f:id:magurochiru:20180313235245j:image 

トンビにシャコを狙われた。

 

(朝追記)

昨夜は眠すぎて書くのを忘れていたけど、ホワイトデーにすみっコぐらしのグッズをもらいました。

f:id:magurochiru:20180314064408j:image

郵便局の限定グッズらしい。

かわいい♡

すみっコぐらしが大好きと言い続けて来て良かった…(しかし彼氏はこれをコウペンちゃんだと思い込んで買ったらしい…笑)。

すみっコぐらしもコウペンちゃんも大好きだけど、彼氏のことが一番大好きだよ〜〜〜〜

(朝追記終わり)

 

 

来週は新しく作った指輪を取りに行く。

取りに行くだけなら一人でも全然良いんだろうけど、せっかくなので2人で一緒に行けたらいいなあと思う。

今回はシンプルなやつにした。

私は6号、彼氏は14号。

全く同じデザイン。

楽しみだな〜〜!味仙も楽しみだな〜〜!!

f:id:magurochiru:20180314001137j:image

写真は前回の味仙

 

 

マイスリーを先程投下してしまい頭のネジが機能しなくなってきたのでそろそろ寝ます。

思い出したらまた何か書きますね。

おやすみ、愛してるよ!!

 

 

おわり

 

牡蠣食べ放題に行った(4回目)

 

2/1

今年も彼氏と牡蠣食べ放題に行ったよ!

昨年の記事↓

また牡蠣食べ放題に行った - マグロ散ル、水蒸気の朝に。

 

今年で4回目。

毎年鳥羽の浦村の同じところに行っている。

昨年まではいつも満席だった。

2部制なので早く着き過ぎると1部の車がいっぱいで駐車場に停められなかったりした(いつも時間の関係で2部にしか行けない)。

昨年は彼氏が駐車場の整理をするくらい混んでいたので、今年は時間ギリギリに行こ!とローソンで立ち読みをしてから行ったのに、なんとお客さんが私たち含め2組しかいなかった!

駐車場もガラガラ…

お店のお兄さんが

「ちょっと早いですが始めさせて頂きますね〜」

と私たちともう1組が揃ってから言い始めたので、こんなことある!?とびっくりした。

でもめちゃめちゃ快適だった!

 

f:id:magurochiru:20180204211223j:image

↑今年も牡蠣を堪能出来て浮かれる私

 

f:id:magurochiru:20180205172401j:image

↑4年間の変遷

 

お店としては満席の方が有難いんでしょうけど、客が2組計4名しかいない状態だと味噌汁もごはんもゆっくり取りに行けるし、周りから雑音が全く聞こえて来ないし、ストーブのそばのあったかい席に座れるし、最高では…

 

f:id:magurochiru:20180204211940j:image

焼き牡蠣と蒸し牡蠣は食べ放題、カキフライは1人5個、牡蠣ごはんと牡蠣味噌汁はあるだけだけど4人しかいないから実質食べ放題(ごはんおかわりしただけで終わったけど)。

今年も牡蠣をどんどん剥いて吸い込んでいくスタイルの彼氏と、もたもたしながらわーわー言って食べる私。

今年も先に彼氏がギブアップ。

私は年末年始からの暴食でたるみきった胃袋の皮がまだ戻っていないので結構いくらでも食べられるぞ!

どれくらい食べたかわからないけど、牡蠣は焼きも蒸しも2回ずつおかわりに行ったよ。

毎年食べ終わると「もう来年は食べ放題じゃなくて良いかな…」って思うんだけど、年が明けると「今年も行かなきゃ…!」って思うんですよね。

牡蠣マジック…

 

制限時間60分をフルに堪能したあとは、昨年と同じく伊勢神宮へ。

鳥羽の浦村からは下道で1時間弱の道のり。

雪が降るかも?というくらいお天気はどんよりしていた。

彼氏はお腹いっぱいでぐったり。

車通りの無い道をずんずん進む。

昨年は「ここに死体埋まってても誰も気付かんやろうね〜」という会話をしたことなどを思い出す。

 

昨年7月に伊勢に行ったとき、私は後厄だったので厄祓いをしてもらった。

その時の記事↓

3年とフルーツポンチ会 - マグロ散ル、水蒸気の朝に。

 

今年は彼氏が前厄なので、今回も厄祓いがメイン。

おかげ横丁そばの駐車場に停めたので色んなお店を見てまわりたかったけど、雨も降って来たしお腹はいっぱいだし寒いし、とりあえず神宮に向かった。

伊勢神宮に祀ってある神様は女性の神様なので、カップルで行くと別れる云々のジンクスがあるらしいですが、彼氏と4回行ったけど全然仲良しだし会うたびに好きな気持ちが更新されているので、本当にただのジンクスだと思います。

納得出来ないまま別れを迎えた人たちが、自分たち以外の理由を後付けするためにそんなこと言い出したんじゃないかな。

 

いつものように正宮にお詣りして(ここまでの道のりが長い)、御祈祷してもらうために受付。

この頃は雨が結構降っていて寒かった。

彼氏と4回伊勢に行って、初めての雨でした。

待合室で温かいお茶を頂き休憩。

節分前だからか(?)、今回は人数も多く私たちは4組目だった。

 

渡された札の色を呼ばれて御祈祷する場所へ案内されるも、私と彼氏は絶対に笑ってはいけない場所で笑ってしまうタイプだったことを思い出した。

そういえば前回も彼氏が正座が出来なくて土下座スタイルになり私は笑いを堪えていたし、私の住所と名前を読み上げられるのが面白くて彼氏は噴き出しかけたな…

端っこの方に座り、既に笑みがこぼれる私と彼氏。

彼氏は今回も正座が出来ず、あぐらをかいたり土下座したりずっとそわそわ…

視界に入れると笑ってしまうので、私は目を閉じて下を向いていた。笑

神主さん(?)と巫女さんが出て来て、御祈祷の始まり。

しばらくは良かったんだけど、祝詞で彼氏の名前を読み上げるところでどうしても我慢が出来ず、肩を揺らしてしまった…

「○○(名字)の〜○○〜(名前)」

って何だかわからないけどめちゃめちゃ面白い。

こんなことでは動じないくらい大人になりたい…

彼氏の畳につかれた指先が真っ赤になっていたので、ああ彼氏も笑いを堪えているんだな…と思ったら御祈祷どころではなくなってしまった。

毎回不真面目でごめんなさい神様…

 

最後の方で彼氏が私の方をつついて手のひらを見せてくれたんだけど真っ赤っかで、ああ相当我慢したんやなと思い、そのまま前を向き直したらまたつっつかれた。

何やねんと顔を見たら顔まで真っ赤っか!

そしてめちゃめちゃ汗かいてる!!

「タオル」

と小声で言うので慌ててタオルを渡した。

何事…!?正座したせいで血流がおかしくなったんかな??と胸のざわめきを感じているうちに御祈祷は終了。

どうしたん!?と聞くと、事のあらましはこうらしい。

 

今回も笑いが込み上げて来た彼氏はひたすら堪えていた。

すると唾が気管の変なとこに入ってしまった。

噎せそうになるが必死に堪える彼氏。

滝のように流れる汗。

我慢し過ぎて吐きそうになり、それを堪えているうちに更に胃までおかしくなるという悪循環。

そしてそれが面白すぎてまた笑ってしまいそうになり堪える…

ということの繰り返しであんなに汗をかいていたのであった。

 

「は〜〜!死ぬかと思った!本当にこれで厄祓い出来たんかな??」

と彼氏は言っていたけど、その時点でかなり厄に見舞われているので

「汗と一緒に厄落とし出来たから大丈夫だよ!」

と励ましておきました。

終盤私はずっと「神様こんな私たちでごめんなさい…」と心の中で唱えていたので、きっと神様も許してくれるのでは…というポジティブ思考…

 

外に出て、上着などを着るためにまた待合室に戻り、2人で堪えていた笑いを思いっきり吐き出してゲラゲラ笑った(誰もいなくてよかった)。

それからしばらくは笑い過ぎて胃がおかしかった。

彼氏と付き合ってから一番笑ったのはペタペタマン事件の時だと思っていたけど、それを塗り替えてしまった。

ペタペタマン事件の時の記事↓

桜を見に行った話 - マグロ散ル、水蒸気の朝に。

 

でも笑う門には福来ると言いますし…(ポジティブ)

また更に仲良くなれたので良かったかな!

彼氏は何でも誰に対してもズバズバ言うのに対し、私はなるべく波風を立てないようにオブラートに包みまくって伝える正反対の性格だけど、笑いのツボは大体同じなので一緒にゲラゲラ笑えるところが良いなと思います。

笑い上戸なところも、引き笑いをするところも、具合が悪くなるまで笑ってしまうところもよく似ているね…

字面に起こすと全然面白くないけど、その時の私たちは体調がおかしくなるくらい本当に面白すぎて、笑い死ぬかも…というくらいだった。

生きて帰れて良かった。 

 

帰りに少しおはらい町とおかげ横丁に寄ったけど、雨もひどくなって来たしお腹もいっぱいなので、結局何も飲み食いせずに離脱。

彼氏はお土産にお酒を買っていた。

次はおかげ横丁の中にある中華そばのお店に行ってみたいな。

昨年もお腹いっぱいの状態で来て、次は伊勢に直接来よう!となり、それが7月だったんだよね。

でもそのときは結局伊勢うどん(私のリクエスト)とからあげ(彼氏のリクエスト)を食べたんですよね。

次こそは横丁そばを食べたい!!

 

そしてこれが本当の厄なのかな?と思うのですが、帰りの車の中で私は彼氏とおそろいで買った指輪をなくしました……涙

 

f:id:magurochiru:20180205153718j:image

↑これ

付き合い始めた頃に2人で選んで贈り合った指輪。

彼氏はその1年後くらいにはなくしてしまったので、私だけずっとほぼ毎日つけてた。

途中で5kgくらい痩せて、左手の薬指のサイズが変わってぶかぶかになり、それからは中指につけていた。

それがついに私までなくしてしまうなんて…

しかも車の中で…(車の中で外してそのまま股の間に挟み、それを忘れてPAで立ち上がって外に出てしまったのでそのまま落としたものと思われる)。

やっぱり伊勢の神様が怒ったのかな?と思ったりもしたけど、

「また買やええやん!俺も無いし!笑」

と彼氏が笑い飛ばしてくれたので立ち直った!

指輪をなくした原因はちょっとここに書くことすら憚られるほど笑える事案なので、気になる方は私に会ったときに聞いてください…笑

 

とにかくたくさん笑った日でした。

何だかんだで伊勢の神様は私たちを応援してくれているのでは?(ポジティブ)

 

帰りはそれほど渋滞もなく、雪にも降られず無事に帰って来れました。

16時半くらいに伊勢を出て途中で亀山のPAに寄ったけど、彼氏の家に19時くらいには着いた。

また来年も年が明けたら牡蠣食べに行かなきゃ!って思うんだろうな。

今はもう牡蠣はいい…って感じだけど…

 

 

 

◎最近のぱっさん◎

我らがちゃんかさ先生主催の90年代V系カラオケに参加して来たよ〜!

 

私は90年代V系ブームの時中学生で、当時は黒夢にどハマりしていた。

長崎の離島に住んでいたので、CDが買える場所が隣の島の小さいレコード屋さんしか無く、そこに足繁く通っていたらお店のおばちゃんが

「あんたそん人たち好きやったらこれ持ってって良かばい」

と大量に黒夢のポスターをくれて部屋に貼っていました。

当時は「絶対清春と結婚する!」と思い込んでいたな…

若さって罪ね。

 

そんな私なので黒夢と初期のプラ以外のV系はもう殆ど分からないのですが(ペニシリンも好きだったことを後から思い出した)、今回の集いは屈強な古のVの者たち(今回は私の他に4名の参加者がいた)に混じってとても楽しかったです。

私は仕事だったので15時半頃からの途中参加。

入場すると半紙に書かれた思い思いの文字たち…

早速私も、ということで書きました。

 

f:id:magurochiru:20180205164102j:image

(ちゃんかさ先生が撮ってくれたよ)

 

f:id:magurochiru:20180205164137j:image

じゃじゃーん!

数年ぶりに習字をした(前回は最初の個展で使うために20枚くらい自宅で書いた)。

Plastic treeのファンのことをなぜか海月と呼ぶのですが、私は有村さんのファンなので有村海月です。

V系のファンの名前って面白いよね。

海月は多分有村さんがなんかふわふわして海月みたいだから?みたいなのを読んだ気がする(後で検索してみよう)。

 

そしてこれらを飾り付けて

f:id:magurochiru:20180205164630j:image

祭壇の完成です♡

みんな狂ってるね!(褒めてる)

 

f:id:magurochiru:20180205164746j:image

撮影会をしたり

 

 f:id:magurochiru:20180205164857j:image

自撮りをしたりしたよ。

 

古のVの者たちは11時からこの集いを開催しており、フリータイム終了の19時まで90年代を懐かしんだり思い出を語ったりするとても充実した会でした。

 

f:id:magurochiru:20180205165211j:image

その後、ガストでごはん。

皆空腹のまま歌い続けていたので、すごい勢いで食べました。

ローストビーフごはん美味しかった!

 

90年代V系にあんまり詳しくないので最初は参加を迷ったけど、とても楽しかった。

好きなものをとことん好きでいられるって幸せだね。

 

 

おわり

 

 

 

 

胃炎になった日 2

 

2年くらい前にも同じような記事を書いたなと思って懐かしくなった。

胃炎になった日 - マグロ散ル、水蒸気の朝に。

 

朝起きた瞬間から胃を含む腹部全体が攣ったように痛くて、とりあえず温めれば治るのでは?という根拠の無い自信から風呂に浸かるも全く良くなる気配が無い。

寧ろどんどん痛みは増していく一方で、あっこれはあかんやつ…と思いつつ職場に連絡をして休みを取った。

 

原因は年末からの暴食。

これ以外に無かろう。

おかげで体重もめちゃめちゃ増えたし、顔パンパンでツヤツヤしてるし(栄養が肌までちゃんと行き届いてるんだな)、万年ダイエッターのくせにこれは良くない。

その上胃を痛めるなんて言語道断である。

病院に行っても胃薬を出されるだけなので、今回は家から出ずに胃をいたわる方針を取り、ひたすらごろごろしていた。

 

昼前には母が薬箱からパンシロンを発掘し、

 

私「それって粉?」

母「粉だよ。粉飲めないの?」

私「粉はちょっと苦手で…」

母「子どもかよwwwほんのちょっとだから我慢して飲みな」

 

という会話ののち、えいやっと飲んだら大分良くなった。

パンシロンはシナモンの味がした。

 

年末は何だか今食べておかないと年が明けたら死ぬのでは?というような謎の恐怖心があり、今日はさわやかおさめ、今日はスシローおさめ、今日はつけめんおさめ、今日はマックおさめ、と色々おさめたけど結局死ななかったし未だに暴食が続いている。

由々しき事態である。

(スシローおさめは2回した)

 

それまで休みの日はもりもり食べることがあってもそれが続くことはなかったというのに、1ヶ月近く同じような食事をほぼ毎日続けていたら胃も壊れますよね。

今日は白湯を飲んで胃を休めよう…と思いながら晩ごはんはからあげとコロッケを食べてしまったので反省している。

本当は日曜日にひとりでいちごのスイーツビュッフェに行く予定だったけど、体重が増えすぎてビュッフェどころじゃなくない?と脳内会議で結論が出たので昨日キャンセルしていたのだった。

いちごビュッフェ行ってから調整すれば??という意見もあったが、キャンセルしておいて本当に良かった。

このままではどすこい体型になってしまう。こわい。

 

昨日は彼氏といつも行くラブホでだらだらしていたのだが、彼氏に太った旨と原因が食べ過ぎであることを告げたら

「考えりゃーわかるやん!食べ過ぎたら太るって!」

と正論を頂き、また頑張って痩せようと心に誓った。

その矢先の胃痛、逆に幸運だったかもな…(からあげとコロッケ食べたけど)

彼氏は私が太っても顔がパンパンになっても食べ物を分け与えてくれるし、優しい良い奴だと思う。

昨日は昼寝から起きたあと仰向けで寝る私の顔を見て

「顔パンパンだよ??」

と教えてくれたし(きっと親切心)、私は彼氏に言われることが何よりも効くので、マジで痩せるわ…

あと彼氏は私が変な体勢で抱き着いてそのまま昼寝に突入しても一緒に寝てくれるところが好き。

彼氏のこと大好きだから痩せたい…マジで……

 

昨年の夏には40.3kgまで落ちた体重も、今は夜の風呂の前の一日で一番体重が増えている時間に測ると45kgを超えている。

この事態に自分が一番びっくりしている。

人間食べ続けたら太るんやな…と当たり前のことを久しぶりに思い出した。

胃も疲れているし明日は断食しよ…(「断食しよ」は私の口癖である)

 

 

そんな彼氏とは交際を始めて3年半が経過した。

自分で言うのもアレだけど私はこう見えてとても一途なところがあって、未だに彼氏が大好きだし彼氏の願望(性癖)はロリコン(年齢的にアウト)と獣姦(種別的にアウト)とネクロフィリア(死んだら全て終わりなのでアウト)以外はなるべく叶えたいという欲求がある。

体調とかで実現が難しいこともあるかも知れないけど、彼氏がどんな変態性癖を持っていても引かない自信はある。

びっくりすることはあるかも知れないけど…

でも理解しようという気持ちはある。

ロリコン獣姦ネクロフィリアという三大アウト性癖を持っていても、私はそれを実現してあげられないけど巷に出回っている媒体で欲求を満たせるのであれば受け入れると思う。

それくらい好きだな…

彼氏に対して一時的にやだな〜と思うことがあっても(大体助手席で鬼教官のように運転に茶々を入れてくる時)、それを全部引っくるめて彼氏なのでそれで嫌いになったりはしない。

嫌いになることあるのかな?無さそうだな??

彼氏が例えば誰かを殺してしまったとしても、理由無く殺すということは無いだろうし、

 

とここまで書いて思ったけど何で胃炎の話から彼氏のノロケになったんだっけ…

まあいっか!

明日は元気に労働に励むぞ〜〜!!

 

 

◎最近のぱっさん◎

f:id:magurochiru:20180112205314j:image

久しぶりに娘とプリクラ撮った!

ちなみにこの日は中華バイキングに行ったし正月はパン食べ放題にも一緒に行った。

私が「ビュッフェに行きたい…」とつぶやくと「えっ行きたい…」と同意してくれる優しい娘である。

しかし最近娘もダイエットをしており、私よりも意志がかたいので見習いたい。

ダイエッター遺伝子も引き継がれるのかな。

ビュッフェ好き遺伝子も…

 

今日、母と娘の話をしていて、親バカ婆バカかも知れないけど娘はえらいな〜!ということばかりが話題にのぼった。

この寒い中、膝下のスカートを履いて10kg超のかばんを背負い、中学校までの道を15分くらい歩いて通う。

コート着れば?と言っても「置く場所無いんだよね…」と言って着ない。

学校は絶対に休まない主義(私は隙あらば休もうとしていたのに…)だし、塾の冬季講習で1日5時間勉強したりする。

受験生でもないのに…

娘の良い点を沢山挙げたのち

「あんたと○○(元夫)からよくあんなに良く出来た子どもが生まれたよね〜ハイブリッド遺伝子だね」

と母が褒めてくれたので嬉しかった。

そして

「私(母)と●●(父)から出来たあんたもハイブリッドだけどね!どんどん洗練されてハイブリッドになっていくのかもね〜」

と言っていたので、私の子孫は多分物凄いハイブリッドな人になると思う。

(多分この「ハイブリッド」という単語はワイドショーでキタサンブラックの引退を見たから出てきたのだと思われる)

 

 

f:id:magurochiru:20180112210701j:image

あとしまむらでムーのジャージ買った。

しまむら安心価格の2900円。

生活感溢れる写真ですまぬ…(ここは母の部屋)

こういうコラボものって結局部屋着にしかならないんだけど、意外と細かいところまで凝っているしかわいい。

 

f:id:magurochiru:20180112210851j:image

タグもよい。

 

近所にしまむらが出来たので最近たまに行く。

自分の服は部屋着くらいしか買わないけど、娘の服は流行があるし、平日は制服だし、しまむらで良いかな〜と思って買ったりする。

ニットが900円とかで売っているのを見ると、1490円のスカートが高く思えて来るので人間は不思議な生き物だなと思う。

あとキャラクターグッズが充実しているのが良い。

マイメロの布団カバーとかで寝たい。

いい年して…

三つ子の魂百まで、という言葉の通り、死ぬまでファンシーに呪われるんだろうな〜

それも悪くないなと最近は思います。

 

 

おわり