マグロ散ル、水蒸気の朝に。

ぱっさんがマグロとは特に関係の無い話をたまに書きます。

牡蠣食べ放題に行った(4回目)

 

2/1

今年も彼氏と牡蠣食べ放題に行ったよ!

昨年の記事↓

また牡蠣食べ放題に行った - マグロ散ル、水蒸気の朝に。

 

今年で4回目。

毎年鳥羽の浦村の同じところに行っている。

昨年まではいつも満席だった。

2部制なので早く着き過ぎると1部の車がいっぱいで駐車場に停められなかったりした(いつも時間の関係で2部にしか行けない)。

昨年は彼氏が駐車場の整理をするくらい混んでいたので、今年は時間ギリギリに行こ!とローソンで立ち読みをしてから行ったのに、なんとお客さんが私たち含め2組しかいなかった!

駐車場もガラガラ…

お店のお兄さんが

「ちょっと早いですが始めさせて頂きますね〜」

と私たちともう1組が揃ってから言い始めたので、こんなことある!?とびっくりした。

でもめちゃめちゃ快適だった!

 

f:id:magurochiru:20180204211223j:image

↑今年も牡蠣を堪能出来て浮かれる私

 

f:id:magurochiru:20180205172401j:image

↑4年間の変遷

 

お店としては満席の方が有難いんでしょうけど、客が2組計4名しかいない状態だと味噌汁もごはんもゆっくり取りに行けるし、周りから雑音が全く聞こえて来ないし、ストーブのそばのあったかい席に座れるし、最高では…

 

f:id:magurochiru:20180204211940j:image

焼き牡蠣と蒸し牡蠣は食べ放題、カキフライは1人5個、牡蠣ごはんと牡蠣味噌汁はあるだけだけど4人しかいないから実質食べ放題(ごはんおかわりしただけで終わったけど)。

今年も牡蠣をどんどん剥いて吸い込んでいくスタイルの彼氏と、もたもたしながらわーわー言って食べる私。

今年も先に彼氏がギブアップ。

私は年末年始からの暴食でたるみきった胃袋の皮がまだ戻っていないので結構いくらでも食べられるぞ!

どれくらい食べたかわからないけど、牡蠣は焼きも蒸しも2回ずつおかわりに行ったよ。

毎年食べ終わると「もう来年は食べ放題じゃなくて良いかな…」って思うんだけど、年が明けると「今年も行かなきゃ…!」って思うんですよね。

牡蠣マジック…

 

制限時間60分をフルに堪能したあとは、昨年と同じく伊勢神宮へ。

鳥羽の浦村からは下道で1時間弱の道のり。

雪が降るかも?というくらいお天気はどんよりしていた。

彼氏はお腹いっぱいでぐったり。

車通りの無い道をずんずん進む。

昨年は「ここに死体埋まってても誰も気付かんやろうね〜」という会話をしたことなどを思い出す。

 

昨年7月に伊勢に行ったとき、私は後厄だったので厄祓いをしてもらった。

その時の記事↓

3年とフルーツポンチ会 - マグロ散ル、水蒸気の朝に。

 

今年は彼氏が前厄なので、今回も厄祓いがメイン。

おかげ横丁そばの駐車場に停めたので色んなお店を見てまわりたかったけど、雨も降って来たしお腹はいっぱいだし寒いし、とりあえず神宮に向かった。

伊勢神宮に祀ってある神様は女性の神様なので、カップルで行くと別れる云々のジンクスがあるらしいですが、彼氏と4回行ったけど全然仲良しだし会うたびに好きな気持ちが更新されているので、本当にただのジンクスだと思います。

納得出来ないまま別れを迎えた人たちが、自分たち以外の理由を後付けするためにそんなこと言い出したんじゃないかな。

 

いつものように正宮にお詣りして(ここまでの道のりが長い)、御祈祷してもらうために受付。

この頃は雨が結構降っていて寒かった。

彼氏と4回伊勢に行って、初めての雨でした。

待合室で温かいお茶を頂き休憩。

節分前だからか(?)、今回は人数も多く私たちは4組目だった。

 

渡された札の色を呼ばれて御祈祷する場所へ案内されるも、私と彼氏は絶対に笑ってはいけない場所で笑ってしまうタイプだったことを思い出した。

そういえば前回も彼氏が正座が出来なくて土下座スタイルになり私は笑いを堪えていたし、私の住所と名前を読み上げられるのが面白くて彼氏は噴き出しかけたな…

端っこの方に座り、既に笑みがこぼれる私と彼氏。

彼氏は今回も正座が出来ず、あぐらをかいたり土下座したりずっとそわそわ…

視界に入れると笑ってしまうので、私は目を閉じて下を向いていた。笑

神主さん(?)と巫女さんが出て来て、御祈祷の始まり。

しばらくは良かったんだけど、祝詞で彼氏の名前を読み上げるところでどうしても我慢が出来ず、肩を揺らしてしまった…

「○○(名字)の〜○○〜(名前)」

って何だかわからないけどめちゃめちゃ面白い。

こんなことでは動じないくらい大人になりたい…

彼氏の畳につかれた指先が真っ赤になっていたので、ああ彼氏も笑いを堪えているんだな…と思ったら御祈祷どころではなくなってしまった。

毎回不真面目でごめんなさい神様…

 

最後の方で彼氏が私の方をつついて手のひらを見せてくれたんだけど真っ赤っかで、ああ相当我慢したんやなと思い、そのまま前を向き直したらまたつっつかれた。

何やねんと顔を見たら顔まで真っ赤っか!

そしてめちゃめちゃ汗かいてる!!

「タオル」

と小声で言うので慌ててタオルを渡した。

何事…!?正座したせいで血流がおかしくなったんかな??と胸のざわめきを感じているうちに御祈祷は終了。

どうしたん!?と聞くと、事のあらましはこうらしい。

 

今回も笑いが込み上げて来た彼氏はひたすら堪えていた。

すると唾が気管の変なとこに入ってしまった。

噎せそうになるが必死に堪える彼氏。

滝のように流れる汗。

我慢し過ぎて吐きそうになり、それを堪えているうちに更に胃までおかしくなるという悪循環。

そしてそれが面白すぎてまた笑ってしまいそうになり堪える…

ということの繰り返しであんなに汗をかいていたのであった。

 

「は〜〜!死ぬかと思った!本当にこれで厄祓い出来たんかな??」

と彼氏は言っていたけど、その時点でかなり厄に見舞われているので

「汗と一緒に厄落とし出来たから大丈夫だよ!」

と励ましておきました。

終盤私はずっと「神様こんな私たちでごめんなさい…」と心の中で唱えていたので、きっと神様も許してくれるのでは…というポジティブ思考…

 

外に出て、上着などを着るためにまた待合室に戻り、2人で堪えていた笑いを思いっきり吐き出してゲラゲラ笑った(誰もいなくてよかった)。

それからしばらくは笑い過ぎて胃がおかしかった。

彼氏と付き合ってから一番笑ったのはペタペタマン事件の時だと思っていたけど、それを塗り替えてしまった。

ペタペタマン事件の時の記事↓

桜を見に行った話 - マグロ散ル、水蒸気の朝に。

 

でも笑う門には福来ると言いますし…(ポジティブ)

また更に仲良くなれたので良かったかな!

彼氏は何でも誰に対してもズバズバ言うのに対し、私はなるべく波風を立てないようにオブラートに包みまくって伝える正反対の性格だけど、笑いのツボは大体同じなので一緒にゲラゲラ笑えるところが良いなと思います。

笑い上戸なところも、引き笑いをするところも、具合が悪くなるまで笑ってしまうところもよく似ているね…

字面に起こすと全然面白くないけど、その時の私たちは体調がおかしくなるくらい本当に面白すぎて、笑い死ぬかも…というくらいだった。

生きて帰れて良かった。 

 

帰りに少しおはらい町とおかげ横丁に寄ったけど、雨もひどくなって来たしお腹もいっぱいなので、結局何も飲み食いせずに離脱。

彼氏はお土産にお酒を買っていた。

次はおかげ横丁の中にある中華そばのお店に行ってみたいな。

昨年もお腹いっぱいの状態で来て、次は伊勢に直接来よう!となり、それが7月だったんだよね。

でもそのときは結局伊勢うどん(私のリクエスト)とからあげ(彼氏のリクエスト)を食べたんですよね。

次こそは横丁そばを食べたい!!

 

そしてこれが本当の厄なのかな?と思うのですが、帰りの車の中で私は彼氏とおそろいで買った指輪をなくしました……涙

 

f:id:magurochiru:20180205153718j:image

↑これ

付き合い始めた頃に2人で選んで贈り合った指輪。

彼氏はその1年後くらいにはなくしてしまったので、私だけずっとほぼ毎日つけてた。

途中で5kgくらい痩せて、左手の薬指のサイズが変わってぶかぶかになり、それからは中指につけていた。

それがついに私までなくしてしまうなんて…

しかも車の中で…(車の中で外してそのまま股の間に挟み、それを忘れてPAで立ち上がって外に出てしまったのでそのまま落としたものと思われる)。

やっぱり伊勢の神様が怒ったのかな?と思ったりもしたけど、

「また買やええやん!俺も無いし!笑」

と彼氏が笑い飛ばしてくれたので立ち直った!

指輪をなくした原因はちょっとここに書くことすら憚られるほど笑える事案なので、気になる方は私に会ったときに聞いてください…笑

 

とにかくたくさん笑った日でした。

何だかんだで伊勢の神様は私たちを応援してくれているのでは?(ポジティブ)

 

帰りはそれほど渋滞もなく、雪にも降られず無事に帰って来れました。

16時半くらいに伊勢を出て途中で亀山のPAに寄ったけど、彼氏の家に19時くらいには着いた。

また来年も年が明けたら牡蠣食べに行かなきゃ!って思うんだろうな。

今はもう牡蠣はいい…って感じだけど…

 

 

 

◎最近のぱっさん◎

我らがちゃんかさ先生主催の90年代V系カラオケに参加して来たよ〜!

 

私は90年代V系ブームの時中学生で、当時は黒夢にどハマりしていた。

長崎の離島に住んでいたので、CDが買える場所が隣の島の小さいレコード屋さんしか無く、そこに足繁く通っていたらお店のおばちゃんが

「あんたそん人たち好きやったらこれ持ってって良かばい」

と大量に黒夢のポスターをくれて部屋に貼っていました。

当時は「絶対清春と結婚する!」と思い込んでいたな…

若さって罪ね。

 

そんな私なので黒夢と初期のプラ以外のV系はもう殆ど分からないのですが(ペニシリンも好きだったことを後から思い出した)、今回の集いは屈強な古のVの者たち(今回は私の他に4名の参加者がいた)に混じってとても楽しかったです。

私は仕事だったので15時半頃からの途中参加。

入場すると半紙に書かれた思い思いの文字たち…

早速私も、ということで書きました。

 

f:id:magurochiru:20180205164102j:image

(ちゃんかさ先生が撮ってくれたよ)

 

f:id:magurochiru:20180205164137j:image

じゃじゃーん!

数年ぶりに習字をした(前回は最初の個展で使うために20枚くらい自宅で書いた)。

Plastic treeのファンのことをなぜか海月と呼ぶのですが、私は有村さんのファンなので有村海月です。

V系のファンの名前って面白いよね。

海月は多分有村さんがなんかふわふわして海月みたいだから?みたいなのを読んだ気がする(後で検索してみよう)。

 

そしてこれらを飾り付けて

f:id:magurochiru:20180205164630j:image

祭壇の完成です♡

みんな狂ってるね!(褒めてる)

 

f:id:magurochiru:20180205164746j:image

撮影会をしたり

 

 f:id:magurochiru:20180205164857j:image

自撮りをしたりしたよ。

 

古のVの者たちは11時からこの集いを開催しており、フリータイム終了の19時まで90年代を懐かしんだり思い出を語ったりするとても充実した会でした。

 

f:id:magurochiru:20180205165211j:image

その後、ガストでごはん。

皆空腹のまま歌い続けていたので、すごい勢いで食べました。

ローストビーフごはん美味しかった!

 

90年代V系にあんまり詳しくないので最初は参加を迷ったけど、とても楽しかった。

好きなものをとことん好きでいられるって幸せだね。

 

 

おわり

 

 

 

 

胃炎になった日 2

 

2年くらい前にも同じような記事を書いたなと思って懐かしくなった。

胃炎になった日 - マグロ散ル、水蒸気の朝に。

 

朝起きた瞬間から胃を含む腹部全体が攣ったように痛くて、とりあえず温めれば治るのでは?という根拠の無い自信から風呂に浸かるも全く良くなる気配が無い。

寧ろどんどん痛みは増していく一方で、あっこれはあかんやつ…と思いつつ職場に連絡をして休みを取った。

 

原因は年末からの暴食。

これ以外に無かろう。

おかげで体重もめちゃめちゃ増えたし、顔パンパンでツヤツヤしてるし(栄養が肌までちゃんと行き届いてるんだな)、万年ダイエッターのくせにこれは良くない。

その上胃を痛めるなんて言語道断である。

病院に行っても胃薬を出されるだけなので、今回は家から出ずに胃をいたわる方針を取り、ひたすらごろごろしていた。

 

昼前には母が薬箱からパンシロンを発掘し、

 

私「それって粉?」

母「粉だよ。粉飲めないの?」

私「粉はちょっと苦手で…」

母「子どもかよwwwほんのちょっとだから我慢して飲みな」

 

という会話ののち、えいやっと飲んだら大分良くなった。

パンシロンはシナモンの味がした。

 

年末は何だか今食べておかないと年が明けたら死ぬのでは?というような謎の恐怖心があり、今日はさわやかおさめ、今日はスシローおさめ、今日はつけめんおさめ、今日はマックおさめ、と色々おさめたけど結局死ななかったし未だに暴食が続いている。

由々しき事態である。

(スシローおさめは2回した)

 

それまで休みの日はもりもり食べることがあってもそれが続くことはなかったというのに、1ヶ月近く同じような食事をほぼ毎日続けていたら胃も壊れますよね。

今日は白湯を飲んで胃を休めよう…と思いながら晩ごはんはからあげとコロッケを食べてしまったので反省している。

本当は日曜日にひとりでいちごのスイーツビュッフェに行く予定だったけど、体重が増えすぎてビュッフェどころじゃなくない?と脳内会議で結論が出たので昨日キャンセルしていたのだった。

いちごビュッフェ行ってから調整すれば??という意見もあったが、キャンセルしておいて本当に良かった。

このままではどすこい体型になってしまう。こわい。

 

昨日は彼氏といつも行くラブホでだらだらしていたのだが、彼氏に太った旨と原因が食べ過ぎであることを告げたら

「考えりゃーわかるやん!食べ過ぎたら太るって!」

と正論を頂き、また頑張って痩せようと心に誓った。

その矢先の胃痛、逆に幸運だったかもな…(からあげとコロッケ食べたけど)

彼氏は私が太っても顔がパンパンになっても食べ物を分け与えてくれるし、優しい良い奴だと思う。

昨日は昼寝から起きたあと仰向けで寝る私の顔を見て

「顔パンパンだよ??」

と教えてくれたし(きっと親切心)、私は彼氏に言われることが何よりも効くので、マジで痩せるわ…

あと彼氏は私が変な体勢で抱き着いてそのまま昼寝に突入しても一緒に寝てくれるところが好き。

彼氏のこと大好きだから痩せたい…マジで……

 

昨年の夏には40.3kgまで落ちた体重も、今は夜の風呂の前の一日で一番体重が増えている時間に測ると45kgを超えている。

この事態に自分が一番びっくりしている。

人間食べ続けたら太るんやな…と当たり前のことを久しぶりに思い出した。

胃も疲れているし明日は断食しよ…(「断食しよ」は私の口癖である)

 

 

そんな彼氏とは交際を始めて3年半が経過した。

自分で言うのもアレだけど私はこう見えてとても一途なところがあって、未だに彼氏が大好きだし彼氏の願望(性癖)はロリコン(年齢的にアウト)と獣姦(種別的にアウト)とネクロフィリア(死んだら全て終わりなのでアウト)以外はなるべく叶えたいという欲求がある。

体調とかで実現が難しいこともあるかも知れないけど、彼氏がどんな変態性癖を持っていても引かない自信はある。

びっくりすることはあるかも知れないけど…

でも理解しようという気持ちはある。

ロリコン獣姦ネクロフィリアという三大アウト性癖を持っていても、私はそれを実現してあげられないけど巷に出回っている媒体で欲求を満たせるのであれば受け入れると思う。

それくらい好きだな…

彼氏に対して一時的にやだな〜と思うことがあっても(大体助手席で鬼教官のように運転に茶々を入れてくる時)、それを全部引っくるめて彼氏なのでそれで嫌いになったりはしない。

嫌いになることあるのかな?無さそうだな??

彼氏が例えば誰かを殺してしまったとしても、理由無く殺すということは無いだろうし、

 

とここまで書いて思ったけど何で胃炎の話から彼氏のノロケになったんだっけ…

まあいっか!

明日は元気に労働に励むぞ〜〜!!

 

 

◎最近のぱっさん◎

f:id:magurochiru:20180112205314j:image

久しぶりに娘とプリクラ撮った!

ちなみにこの日は中華バイキングに行ったし正月はパン食べ放題にも一緒に行った。

私が「ビュッフェに行きたい…」とつぶやくと「えっ行きたい…」と同意してくれる優しい娘である。

しかし最近娘もダイエットをしており、私よりも意志がかたいので見習いたい。

ダイエッター遺伝子も引き継がれるのかな。

ビュッフェ好き遺伝子も…

 

今日、母と娘の話をしていて、親バカ婆バカかも知れないけど娘はえらいな〜!ということばかりが話題にのぼった。

この寒い中、膝下のスカートを履いて10kg超のかばんを背負い、中学校までの道を15分くらい歩いて通う。

コート着れば?と言っても「置く場所無いんだよね…」と言って着ない。

学校は絶対に休まない主義(私は隙あらば休もうとしていたのに…)だし、塾の冬季講習で1日5時間勉強したりする。

受験生でもないのに…

娘の良い点を沢山挙げたのち

「あんたと○○(元夫)からよくあんなに良く出来た子どもが生まれたよね〜ハイブリッド遺伝子だね」

と母が褒めてくれたので嬉しかった。

そして

「私(母)と●●(父)から出来たあんたもハイブリッドだけどね!どんどん洗練されてハイブリッドになっていくのかもね〜」

と言っていたので、私の子孫は多分物凄いハイブリッドな人になると思う。

(多分この「ハイブリッド」という単語はワイドショーでキタサンブラックの引退を見たから出てきたのだと思われる)

 

 

f:id:magurochiru:20180112210701j:image

あとしまむらでムーのジャージ買った。

しまむら安心価格の2900円。

生活感溢れる写真ですまぬ…(ここは母の部屋)

こういうコラボものって結局部屋着にしかならないんだけど、意外と細かいところまで凝っているしかわいい。

 

f:id:magurochiru:20180112210851j:image

タグもよい。

 

近所にしまむらが出来たので最近たまに行く。

自分の服は部屋着くらいしか買わないけど、娘の服は流行があるし、平日は制服だし、しまむらで良いかな〜と思って買ったりする。

ニットが900円とかで売っているのを見ると、1490円のスカートが高く思えて来るので人間は不思議な生き物だなと思う。

あとキャラクターグッズが充実しているのが良い。

マイメロの布団カバーとかで寝たい。

いい年して…

三つ子の魂百まで、という言葉の通り、死ぬまでファンシーに呪われるんだろうな〜

それも悪くないなと最近は思います。

 

 

おわり

 

 

 

新年早々下の話をする

 

今日は久しぶりにアラームをセットせずに寝た。

8時間くらいぶっ続けで寝たいと思っていたけど、朝5時半過ぎ見事に目が覚めた。

年を取ると長く寝られなくなるという噂は都市伝説だと長年思っていたが、どうやら本当らしいな…と最近気付き始めている。

しかしその後また爆睡し、何度か目を覚ましながらも結局合計8時間くらい寝た。

昼間は出掛ける予定も無く、2時間+1時間半の昼寝をしたので一日の約半分は寝て過ごしたことになる。

たまにはこんな日があっても良かろう、正月だし。

 

そんなことはどうでも良くって、ここから先はひどい下ネタを書きますので苦手な方はブラウザバックしてね。

よろしくだよ!

 

 

 ◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

 

今日は昼過ぎから娘が友達を家に連れて来て遊んでいたのでゴロゴロする以外にすることも無く、イヤホンをさしてiPhoneで映画(ドラマかな?)を観た。

Amazonプライムで適当に、面白そうなの無いかな〜と眺めていたら見つけたやつ。

 

f:id:magurochiru:20180103210749j:image

「妻の秘蜜 〜夕暮れてなお〜」

作品詳細はこちら→妻の秘蜜~夕暮れてなお~ – クロックワークス公式サイト – THE KLOCKWORX

 

主演が天使もえちゃんという私が好きなAV女優さんで、時間もそんなに長くないしエロそうだし観てみるか〜と思って観た。

天使もえちゃんは顔と体型がとても好みです。

あと声がめちゃめちゃ可愛いのと乳首の色が物凄く綺麗なところが好き。

 

f:id:magurochiru:20180103211123j:image

↑あらすじはこんな感じ

 

感想文が苦手なのであまり長くは書きませんが、哀愁のある切ないピンク映画でした。

天使もえちゃんはマジで天使だな…と彼女のファンであれば何度も思うであろうことを思いました。

この手の作品は役者さんの演技が残念なことも多いのだけど、彼女はそんなこともなく違和感なく観れた。

チーク塗り過ぎでは??ということだけがただただ気になった。

でも色気というか艶っぽさを出すために敢えてそうしていたのかも…

 

そしてここからが本題なのですが、作中、天使もえちゃん演じる主人公の菜緒が不倫相手の元上司に別れを告げるシーンがある。

元上司はふてぶてしい感じのたぬきみたいなデブのおっさん(ひどい)で、臨月の妻は実家に帰っているという。

妻の話を出して寂しそうな顔をする菜緒に対し、こいつは

「お互い様だろ」

と言ってのける。

まあそうなんだけど、それを言っちゃあいかんでしょ、的なシーンなのでこいつの空気の読めなさにイライラする。

菜緒は帰ると言い出し、元上司は「いやそういうのやめてよ」とか言い出す。

お前が呼び出したんだろ、みたいなことも言っちゃう。

これだけでも私は元上司に対する嫌悪感しか無いのですが、車を無理矢理停めさせた菜緒は

「口でしますから」

と言う。

 

は??本気???

何でこんなデブタヌキのために天使もえちゃんがそんなことを?????

 

と思っていると、元上司は居心地の悪そうな顔をして断る。

そして菜緒が

「もう終わりにしましょう」

と言うと

「じゃあ口でしてよ。良い思い出にしない方がいいでしょ」

とデブタヌキは言い放つ。

 

マジこいつ何なの???

 

と私の怒りは勝手に頂点に達していたわけですが、菜緒が口淫をしている最中(しかも車の中で)、頭に思い浮かんだのは、男性器を軸にして柔道の背負い投げみたいなやつ出来ないかな??でした。

言葉では上手く説明出来ないので、今日Aちゃんに送ったLINEのスタンプを使って説明すると

 

f:id:magurochiru:20180103213157j:image

↑こういう感じで男性器を掴んで思いっきり投げたりすることは物理的に可能なのかな?ということをその後のシーンを観ながらもずっと考えていた。

矢印で指している部分が男性器です。

 

分かりやすくするために男性器をかなり拡大して描きましたが、体に対して通常の状態でこのサイズの方はなかなかいないと思う(黒人さんとかだといるのかも)。

しかし男性の体を「掴んで投げる」ということをするためには、それなりに力を入れなくてはいけないし、しっかりと握ることが大切である。

そのためにある程度の長さと硬さ、そして滑りにくさが必要。

そして最も大切なのは、女性自身の筋力であろう。

さすがに片手では無理だと思うので、両手で握るとしてもそれなりの長さが要るな…

男性の体も小柄な方が良い。

少なくとも天使もえちゃんのように華奢で小柄な女性ではきっと無理だろう。

しかし強姦魔に襲われた場合この技術を習得しておけば、被害を最小限にとどめて尚且つ逃げられるのでは?

 

と作品に全く関係の無いことが頭の中を駆け巡り、そればかりずっと考えてしまったので後半は結構うわの空の状態で観てしまった。

私は何かを観たり聴いたりしたりしている最中でもひとつのことが気になり出すとそればかり考えてしまう性質で、ライブの最中とかでもたまにこれが起こる。

しっかり目に焼き付けておきたいライブでも、どうでもいいことを思い出したりしてぼーっとしているうちに曲が終わっていた、ということもよくある(その状態でもフリはしっかりやっているので頭と体は別々なんだなあと思う)。

 

そしてこの話に特にオチは無いんですけど、海外のユーチューバーの人とかが誰かやってくれないかな〜と淡い期待を抱いている。

新年早々ひどい下ネタを書いてしまった。

私の頭の中の半分は食べること、そして半分は下ネタであるということは多分今年も変わらないので、この調子で一年楽しく過ごしていければいいな!と思います!!

 

 

◎最近のぱっさん◎

f:id:magurochiru:20180103215907j:image

今日はAちゃんがクリスマスプレゼントと旅行のお土産を持って来てくれた!

お互い3000円以内でクリスマスプレゼントの交換をしよう!と企画していたのだ。

今日は5分くらい立ち話をしただけだけど、相変わらず美人やな〜と思ってしまった。

今年も沢山遊べるといいな。

 

f:id:magurochiru:20180103220054j:image

Aちゃんのイメージはこのニコちゃんマーク。

近場で出掛ける時にリップとクシを入れるポーチが欲しかったので嬉しい!

 

ひどい下ネタのあとにAちゃんの話を持って来てしまいAちゃんに申し訳ない…

でもきっとAちゃんなら笑って許してくれるであろう。

 

 

明日は2ヶ月ぶりにいつもの場所で彼氏とデートする!

先月は行けなかったので楽しみだな〜

 

 

おわり

 

2018

 

気が付いたら年が明けていた!

明けましておめでとうございます。

今年もゆるく更新していきます。

 

f:id:magurochiru:20180102220853j:image

↑今日食べたローストビーフサラダ

ローストビーフはうまい。

 

 

毎年年末に一年のまとめを書くんだけど、もういいか〜と思っていたら1/2になっていた。

昨日と今日は初売りに行った。

人波に揉まれながら、来年からは通販で良いかな…とすら思ってしまった。

年を重ねるごとにパーソナルスペースが狭まることに対して抵抗が強くなる気がする(でもライブ中は平気)。

みんなが仕事始めをしたあとの平日とかに行ってのんびり買い物するのが一番良いのかも知れない。

どうしても欲しいものは通販で…

通販で買えなかったら縁が無かったということで、そこで諦める。

物に対する執着はそれくらいが楽なのかもなあと最近思います。

名古屋からMILKが無くなって、大須セレクトショップに行けば買えるんだけどそれはやっぱり何かが違って。

あのMILKの店舗の雰囲気と顔馴染みの店員さんたちが恋しい。

みんなどうしたんだろうな…どこかに就職したのかな…

要らぬ心配をしてしまう。

今年はMILKに大金を注ぎ込むということをしなくなった(ここ数年は少しずつ減ってはいた)ので、セールで買い物をしても全然お金が減らなくてびっくりした。

えっこれだけ買って6000円!?

ニット2枚とスカート買ったのに!?!?

という現象が起きている。

この調子で今年は浮いたお金を貯金に回したい(切実)。

 

33歳になって、更に冬になって、通勤は3パターンくらいのコーディネートをローテーションで着ている。

繁華街を通るわけではないし、帰りにどこかに寄り道をしようとしても

「あっ今日の服ダサいからやめとこ…」

と諦めがつく。

朝のうちから帰りはここに寄るぞ!と決めている時はちょっとだけ気合いを入れて行くけど、多分それも通常の3パターンとそう大して変わらない。

でもそういうのって自分の気持ちの問題だからさ、そのちょっとだけでも繁華街を(少しだけ)胸を張って歩けるようになるんだよね。

だったら毎日そうしなさいよとも思うけど、そのへんがズボラなのでまあいっか〜となってしまう。

これは30歳を過ぎてからとても顕著になった。

彼氏と会ったり友達と遊んだりするときはその分おしゃれするけど、突然予定外の誘いを受けたら断るかも知れない。

それくらいダサい(致命的)。

なぜダサいのかというと防寒が最重要事項だから…

この話は多分オチが無いのでここで終わり。

 

 

f:id:magurochiru:20180102223020j:image

 

年越しの瞬間は今年も彼氏と一緒だった。

一緒に年を越すのも4回目だ。

彼氏の家のそばのお寺で鐘をついてぜんざいをもらい、神社にお参りしてみかんとカレンダーをもらった。

昨年までは神社に先に行っていたけど、今年は彼氏が結構もう出来上がっていて足下がおぼつかず(大体毎年そうだけど)、昨年は神社に長居してじいさんたちと喋り過ぎて鐘がつけなかったので寺に先に行った。

若者たちが力いっぱいゴーン!ゴーン!と鐘をつくのでヒィィと思っていたら、自分もうっかり強めについてしまいびっくりした。

力の加減がわからない…

彼氏も性格上思いっきりつくんだろうなと思っていたけど、結構控えめで拍子抜けした。

控えめだったね、と言ったら

「大人だからね」

という言葉が返って来て、彼氏のことを日々男子小学生のようだと思っていた私は少し反省した。

そうだよな…もう今年前厄の男だもんな…

 

彼氏とは12月全然会えなくて、クリスマスも2人とも仕事だったし、大晦日に会ったのも2週間ぶりだった。

ずっと当たり前のように毎週会っていたので久しぶりの再会は少しよそよそしく、絶妙な緊張感があった。

でも嫌な感じではなくて、付き合い始めの頃を思い出すような、程よい距離感だった。

寺から神社に移動するときに日付が変わって、今年もよろしくね、とお互い言い合って幸せだな〜と思った。

神社からの帰り道、今年も平和に仲良く過ごそうね、と言ったら

「そうだね〜」

と返事をくれて、良い一年の始まりになって良かったな〜と思ったのでした。

この話にもオチはありません…

(彼氏はお酒が入っていたし半分寝ていたので多分覚えていないと思います)

 

 

f:id:magurochiru:20180102225441j:image

↑私が脱ぎ散らかしたニットに顔を埋めて眠るなの先生

 

昨年は娘が中学生になったり、イベントに出るのをやめたり(かといって特別小説を沢山書くということも結局しなかったな…)、母が退職してずっと家にいてくれるようになったり、それなりの変化があったけど、私は変わらずに好きなバンドのライブに行きまくりひたすら趣味に生きた一年だった。

あとスーパー銭湯にめっちゃ行った。

サウナと水風呂で得られる麻薬のような気持ち良さを知った。

そのおかげか体重の最小値が2kgくらい減った。

そして小顔矯正に行ったりサプリメントをがぶ飲みしたりして美容と健康にかなり気をつかった(お金もつかった)。

サプリメントは人に言うと引かれるレベルで大量に飲んでいるけど、そのおかげか2016年の年末から体調を崩した記憶が無いので、有難いお経よりは現実的な効果がある気がします。

9月に突然睡眠のリズムが狂って眠れなくなったり、整体に行って絶望的なレベルの食欲に悩んだりもしたけど、それも大体サプリメントと時間の経過と共に改善されたので良かった。

 

全部太陽フレアのせいだ - マグロ散ル、水蒸気の朝に。

↑睡眠リズムが狂って気が狂いそうだった時の記事

 

食欲に振り回されるWEEK - マグロ散ル、水蒸気の朝に。

↑食欲に振り回されていた時の記事

 

なんやかんやあったような気もするけど人間ドックでも全く異常が無かったし、大きい病気や怪我をすることもなく、健康に一年が終わったのでほっとした。

これで厄の3年間も終わったし!

と思っていたら女は36歳?37歳?くらいにまた厄があるんですってね…

30代厄に見舞われ過ぎでは??

私はそれなりにそういったことを気にしてしまうので、次の厄が来たらまた3年連続でお祓いに行くだろうし悪いことがあれば「全部厄のせいだ…」と思ってしまうと思う。

でもその方が楽かもな…誰のせいでもなく厄のせい(だと思い込む)だし…

ともあれ、今年も平和で健康でマイペースに生きられたら幸いです。

この日記、全くオチる気配が無いのでそろそろ終わります。

今年もよろしくだよ〜

 

f:id:magurochiru:20180102230332j:image

↑今年初の自撮り

 

 

そういえば年末はプラの年末公演に2日間とも行けて、私はやっぱりPlastic Treeのことが大好きだ…!と再認したので春ツアーは九州に行こうと思います。

名古屋公演の日は娘が好きなアーティスト?歌い手?の人たちのライブの付き添いで幕張メッセに行くのじゃ…

九州公演2日間行けたらきっと満足すると思うので、それまでは頑張って生きるぞー!

 

f:id:magurochiru:20180102230835j:image

↑年末公演の思い出

 

f:id:magurochiru:20180102230912j:image

↑竹下通りがソールドアウト公演のライブハウスのように人だらけで東京ヤバイな…と思った

 

 

おわり

 

 

 

平成8年6月の私からの手紙

 

昨日帰宅したらテーブルの上に置いてあった手紙。 

f:id:magurochiru:20171210094123j:image

娘が押入れの片付けをしていたら見付けたらしい。

20歳の私は娘を出産したり慣れない土地で情緒不安定になったりしていたので、この手紙のことなんてすっかり忘れていたよね。

そして時を超えて33歳になった私の元にやって来た。

 

娘に

「それめっちゃウケるよ」

と言われ、見たんかい!とツッコミながら開く。 

f:id:magurochiru:20171210094339j:image

封筒は当時大好きだった安室ちゃんのレターセット。

この時確か安室ちゃんは19歳くらいかな。

今よりもふっくらしている。

 

f:id:magurochiru:20171210094458j:image

中身はただのノートの切れ端。

レターセットの便箋使うのもったいなかったんだろうな…(私はそういうところがある)。

好きなアーティストが小室ファミリー、好きな芸能人がジャニーズという流行りものを入れて来るところが小学生だな〜

中学生になると微妙に捻くれた路線をねじ込んで来たりするから…

中学生の頃は黒夢イエモン椎名林檎CoccoUAが好きだったなあ。

私は絶対に清春と結婚すると思い込んでいた。

今はグラタンは滅多に食べないし、当時もそんなにグラタンが好きだった覚えもないけど、グラタンブームがあったんだろうな…

 

f:id:magurochiru:20171210095114j:image 

この謎のイラストは娘に爆笑された。

確かにこんな絵ばかり描いていた。

当時から絵心はお察しだったんだねえ。

この頃は「動物のお医者さん」という漫画が大好きで(今も大好き)、北大に行って獣医になるのが夢だった。

動物好きは変わらないけど、数学が絶望的だったので獣医にはなれなかったよ。

でも今も猫と一緒に暮らしているよ。

 

f:id:magurochiru:20171210095441j:image

↑ねこ

 

f:id:magurochiru:20171210095505j:image 

そしていよいよ本編…!

この斜に構えた感じ、この年頃あるあるだよね〜

恐ろしいことに20歳の私は獣医にはなれず獣医学部にも行けずそのへんで主婦をしていたので、小6の私は未来を予知していたのであった。

どうせなら獣医の方が当たって欲しかった…

ちなみに今は周囲の人々を苛つかせるほどマイペースに生きているので毎日が楽しいです。

光ちゃんというのは当時飼っていた猫で、私が27歳になる年に16歳で亡くなりました。

抱っこが大好きで、自分から肩によじ登って来るような子だった。

 

そして一番笑ったのはここ。

f:id:magurochiru:20171210095805j:image

「それじゃ bye」

 

何で上から目線なんだよ…

捻くれた子どもだったんだろうな〜

 

私は小6の時に生まれ育った名古屋を離れて母の実家がある九州の離島に引っ越したんだけど、全校生徒800人くらいのマンモス校から同級生が3人しかいない僻地の学校に転校したのでものすごいカルチャーショックを受けたんだよね。

そして名古屋にいた頃は基本的にいじめられっ子だったし、毎日毎日いじめっ子の顔を見るのが本当に嫌だったけど、いざ離れてみたらなんか物足りないな??となり、田舎の学校に通う純朴な児童たちのことを見下していた節がある。

それでも全校生徒20人くらいしかいない学校ですらいじめはあったし、授業中ぶち切れて窓から椅子を投げる女の子とか、好きな女の子のスクール水着を盗む男の子とか(この2人は兄妹だったのでこの家庭に問題があったのかも知れない。漁師の家の7人きょうだいとかだったし)、小さな学校にもそれなりに問題はあって、先生たちも面倒臭そうに相手したりしなかったり…

そんな感じだったので私の中の反逆精神に火が点いてよく先生に呼び出されていた。

屁理屈を並べて大人を論破したがる嫌な子どもだったなあ。

先生たちも面倒臭かっただろうな…

大人にならないとこのへんの気持ちは本当に分からないね。

大人は基本的に面倒なこと嫌いだしね。

 

そんなことを昨日は思い出していた。

この離島に住んでいた時の記憶は今でも物凄く鮮明に覚えていて、しょっちゅう夢に出て来る。

夢は記憶の整理をしているらしいから、情報量が多過ぎるんだろうな。

あの島には何も無かったのにね。

 

 

彼氏好き好きウェーブについて書く!と言っていたのに全く違うことを書いてしまった。

彼氏好き好きウェーブについてはまた今度…

大体毎週会っているのに来週は予定が合わなくて会えないのちょっと寂しいな。

でもその分頑張って体重減らしたりキープしたりしよ!という気持ちになれたのでよい。

 

 

 

◎最近のぱっさん◎

f:id:magurochiru:20171210101658j:image

大阪のライブはとても楽しかったけど、脱水と低血糖が重なり久々に立っていられないほど具合が悪くなってアンコールを観る前に宿に帰った。

せっかく泊まりにしたのに…

DEZERTもカリガリも上手の2列目にいたけど、トリのムックだけは一番後ろに下がって座り込んで音だけ聴いていた。

声を掛けてくれたムックのファンのお姉さんがいて、精神的にも身体的にも大変救われたので、もし私もライブ中に具合が悪くなっている人を見付けたら声を掛けよう!と思いました。

優しいお姉さんありがとう。

 

f:id:magurochiru:20171210102019j:image

具合が悪いと言いながら翌日は予約していたタルト食べ放題に行った。

普通のケーキサイズのタルト5個食べた。

もっと食べたかったけど胃がもう無理って言ってた…

 

 

その翌日は彼氏とさわやかのハンバーグを食べに行った。

f:id:magurochiru:20171210102149j:image

今年のさわやか食べ納め♡

今年は3回しか行けなかったので、来年は2ヶ月に1回くらいは行きたい。

 

f:id:magurochiru:20171210102310j:image

帰りは豊橋まで下道で行って、ブラックサンダーあんまきを買った。

彼氏がニュースで見たらしい。

 

f:id:magurochiru:20171210102412j:image

あんまきの生地の中にブラックサンダーのザクザクしたチョコレート(ちょっと柔らかい)が入っていて美味しかった!

あんまきは美味しいな。

 

f:id:magurochiru:20171210102511j:image

帰りが意外と早かったのでキリンビールのカフェにも行った。

最後の最後で私が泣くという事案があり、彼氏は目が悪いので見えてないだろうな〜と思ったのに、レジで手が当たった時に静電気がバチバチ!と走って

「何で今静電気起きたかわかる?ともちゃんが泣いとるからだよ」

とその理由はよくわからないけど泣いているのがバレた!とびっくりした。

見えてんじゃん!と…

私は感情が昂るとどうしても涙が溢れてしまうので、なるべくなら常にフラットな感じで生きて行きたい。

でもなかなか難しいね。

ぎゅーってして頭撫でてくれる彼氏のことが大好きだよ。

 

 

今日は今から娘とクリマに行く!

娘がごちうさの映画が観たいと言うので、クリマに行く前に朝一の回で観に来た(私はロビーで待ってた)。

寒いのもう嫌だな…

 

 

おわり