読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マグロ散ル、水蒸気の朝に。

原発牛乳がマグロとは特に関係の無い話をたまに書きます。

【血糊注意】第三回個展「あの子が死んだ日」

 

 

f:id:magurochiru:20150306000819j:plain

(会場のようす)

 

2/23~3/1に大須の化け猫屋敷さんで3回目の個展をやりました。

タイトルは「あの子が死んだ日」。

化け猫屋敷さんに行ったのは昨年の9月が初めてで、現在交際している男性がオーナーさんと知り合いだったこともあり、

 

化「原発さんは何がお好きなんですか」

私「血まみれセーラーとかいいですね」

化「いいっすね!」

 

みたいな感じで、当時はぼんやりと「ここなら血まみれの写真撮っても展示出来るかな」と思ったくらいの、すごく曖昧な記憶しかないのですが、それでもいつの間にか私はオーナーさんに連絡を取り「来年の2月の終わりから3月の頭くらいに展示をやりたいのですが」ということを伝えていたのでした。

 

f:id:magurochiru:20150306000916j:plain

(写真と新刊)

 

写真というものを4年間撮って来て、何度か自分で血糊を作って撮影に使ったこともありましたが、やはり素人が作るもの。

発色も鮮明さもどれも本物の血液には届かなくて、ちゃんと展示をやるならちゃんとした血糊を買おう、と思い舞台用の血糊を買いました。

これが今回とても良い仕事をしてくれて、私のイメージ通りの流血、血飛沫、血痕、傷痕を残してくれました。

こいつがいなければ今回の写真は撮れませんでした。

ありがとうAmazon

 

f:id:magurochiru:20150306001105j:plain

(物販コーナー)

 

今回は5人の女の子に作品に出演してもらい、これは「血糊の撮影でも楽しんでやってくれそう」な女の子の友達に声を掛けました。

5人とも「えっ血糊!?やばくない!?やるわ…」という感じで快諾して下さり、私は本当に素晴らしい友達を持ったなあと思います。

そして11月と12月に撮影をしました。

 

f:id:magurochiru:20150306001202j:plain

(百合もあるよ!)

 

他の作家さんの情報をあまり耳にしないのですが、他の方は作品を作ってから個展の開催などを決めるのでしょうか。

私はまず日取りを決めてから作成を始めるので、常に時間との闘いです。

というよりも、私自身が何事も追い詰められないと出来ない性分なので、写真を昨年のうちに撮ったは良いものの、年が明けて1ヶ月はよく眠りよく漫画を読み全く作品に手を付けませんでした。

頭の中で、あーそろそろ取り掛からんとやばいな…、でもまだいいか…、とギリギリ間に合う日時を算出して、それに合わせて動くのです。

常に頭の隅には「そろそろやらんとヤバイ」という気持ちを抱えて過ごしているので、居心地はとても悪いです。

でもやらない!私は自分に甘い女!

いつも締切ギリギリまで死にそうになりながら作業をしています。

学生時代もテスト前はいつも一夜漬けであったため、そしてそれでなんとか成績を維持していたため、私のこの性分はきっと一生治らないと思います。

締切までに日数があるうちに入稿したり完成したりすると、ああすごいよくやった私天才好きなもの買っていいよ!と自分を最大限に甘やかします。

今回も搬入の日の出発ギリギリまで作業をしていました。

 

f:id:magurochiru:20150306001301j:plain

(全体的に薄暗い)

 

搬入の日は雨、そして搬出の日も雨…

自分の誕生日に台風を呼ぶレベルの雨女の私は、大体毎回雨に見舞われています。

今回は娘に手伝ってもらいながら搬入をしました。

10歳になった娘は私の最高のアシスタントです。

「血まみれの写真なんて教育上どうなの?」ということを会期中に何人かの方に聞かれたりしましたが、娘はもう慣れているし私がこういう人間だと10年一緒に過ごして来てわかっているので何も言わないし思っていないと思います(勝手に)。

それがとても有難いです。

 

f:id:magurochiru:20150306001404j:plain

(途中から赤いライトを設置して頂きました)

 

会期中は想像していたよりも多くの方に足を運んで頂きました。

顔をしかめる方や「うわぁ…」と言ったまま動かなくなる方も何名かいらっしゃいましたが、それは当たり前の反応だと思います。

人が血まみれになって生きているのか死んでいるのか分からない写真ばかりですし、なんか音楽は不気味だし、暗いし、本能が拒絶するのは当然です。

それでもゆっくりと文章を読んで下さったり、隅々まで写真を見て下さったり、展示していた着物(血まみれ)を着て下さったりと、少しでも楽しいと思って頂けていたら幸いです。

 

f:id:magurochiru:20150306001506j:plain

(完売した過去作品も展示)

 

6日間の展示は本当にあっという間で、会いたかったお友達にも沢山会えたし、色んな方とお話が出来てふわふわと夢のような時間でした。

個展にあわせて作った作品集「あの子が死んだ日」の売れ行きも好調で嬉しいです。

こんな、まさしく万人受けは決してしない写真や文章を受け入れて下さる方々が周りにはいっぱいいて、私は恵まれています。

本当にありがとうございます。

次の個展は多分来年になりますが、新しいテーマも決めたのでそれをぽつぽつ撮り始めて行こうかなあと思っております(私には珍しく長期戦!)。

 

f:id:magurochiru:20150306001547j:plain

(笑い過ぎてブレまくっているわたし)

 

本は通販もしてます。

いきなり宣伝だ!


原発牛乳のおいしいまぐろ屋さん

 

新刊「あの子が死んだ日」、そして既刊本もこちらで買えます。

メール便送料無料です。

よろしくだよ~