読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マグロ散ル、水蒸気の朝に。

原発牛乳がマグロとは特に関係の無い話をたまに書きます。

名古屋コミティアでした


f:id:magurochiru:20150405193717j:plain

本日は名古屋国際会議場にて名古屋コミティアに出展致しました。
名古屋コミティアは3回目だけど、3回とも雨でした。
肌寒かったけど春の雨は嫌いじゃないです。
お越し頂いた方、足をとめて下さった方、ありがとうございました。

今回新刊の小説集を出すつもりだったのですが、個展が終わってからその解放感で3月は遊びほうけていたため制作の時間が全くありませんでした。
がんばって作ろうと思えば出来ないこともないけど、やはり気分が乗らないまま書いた文章はそんなに面白くないし、中途半端なものが出来るのも嫌だし、やめておきました。
次に出展するイベント、5/4の文学フリマまでに完成するといいな……!!

しかし何も新しいものがない(2月に作った血糊の作品集はありますが)というのも寂しいなあと思った私はフリーペーパーを作って配布しようと思い立ちました。
内容は短編小説、今後の予定、画力が皆無な私が描いたイラストなど。
思い立ったは良いものの、私は追い詰められないと何も出来ない厄介な性分であります。
昨夜は何も手を付けないまま、フリーペーパーを作らなければ…という強迫観念に駆られて22時半に寝るという奇行を起こしました。
「気分が乗らないまま書いた文章はそんなに面白くない」と先ほど書きましたが、22時半になるまで気分が乗らなかったのですね。
ならば寝てしまおうと。
そして4時半に起きました。
その時点で気分が乗らなければフリーペーパーは諦めるつもりでいました。
フリーペーパーの短編小説の部分を書けなかったのですね。
別に書かなくても誰かに咎められるわけでもないし、期待されているわけでもないけれど、自分で決めたことを遂行出来ないというのはなかなか辛いものであります。
なので私は朝4時半の自分に賭けました。
小説を書くということは私にとってはギャンブルです。
時間を費やして良いものが出来なければ負けなのです。
だからなるべく良いコンディションになるまで書きたくないと、何でただの趣味でやってるだけなのにこんな偉そうなこと書いてるんだろうと思えて来ましたが、時間は有限だし私は何よりも睡眠を摂りたい人間なのでそこはなんとなく汲んで頂けると助かります。
そして4時半にアラームをセットした結果、無事に起きることが出来ました。

f:id:magurochiru:20150405194902j:plain

昨夜の私がふとんの中で祈りながらセットしたアラームがこちらです。
なんとか最初の粛清の鐘の音で起きました。
それから白湯を飲んで目を覚まし、5時頃からパソコンに向かって書きました。
プロットは昨日のお風呂上がりに髪の毛を乾かしながら作りました。

f:id:magurochiru:20150405195150j:plain

全景を載せてしまうとネタバレになってしまうので少し伏せましたが、大体私が書くプロットはこんな感じです。
制作時間1分ほど。
これから多少ズレたりなんやかんやありましたが、2時間程度で完成しました。
タイトルは「桜の雨」です。
桜の季節なので、桜の話が書きたかったのです。
ギャンブルには何とか負けることなく、印刷し上がった小説を読んで「私この小説好きだわ」と思いました。
私が小説を書くのは、自分が読みたい小説を自分で書きたいからです。
自分の書く文章が大好きで愛しているから、と書くとどんだけ自己愛強いんだよ、って自分でも思うのですが、やはり自分から生まれたものたちは何より可愛いです。
だから沢山愛してあげたいし、それに値する文章を書きたいのです。

f:id:magurochiru:20150405195744j:plain

そして出来上がったフリーペーパー。
2016年になっていますが、現在まだ2015年です。
未来に生きております。
20枚刷っていきましたが、私はあまり積極的に人を呼び込んだり手渡したりするのが得意ではないので、作品を買って下さった方や、手にとって読んで下さった方におずおずと手渡し8枚ほど余りました。
それでも今日の空いた時間に何回も読み返して、あーやっぱ好きだわ…と思ったので、書いて良かったなあと思います。
何回も読んでいるので、娘に「また読んでんの?」と言われたほどです。
娘は今まで私の作品をいくつか読んでくれているので今回も渡したところ
「いつものお母さんの小説って感じ」
と言われました。
そんな感じが一番好きなのです。
こんだけ好き好き書いていたら伝わるでしょうか、この私の作品に対する深い愛が……

そして無事に名古屋コミティアも終わり、書いた小説はこのままにしておくのは何だかもったいない気がするので、あと一編くらい書いて今流行りのネットプリント?的な?やつをやろうかな?と思っております。
まだいつになるか未定ですが、今までネットプリントをやって来なかったのは、誰もプリントしてくれなかった時の精神的ダメージがでかい、という小心者の極みのような理由からなので、心優しい方はプリントして頂ける有難いです。
そんな優しいあなたにはきっと良いことがあると思います。
何卒よろしくお願いします。

次の参加イベントは5/4(月・祝)の文学フリマです。
東京流通センターというところであります。
新刊が出せたら…いいな……!!