読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マグロ散ル、水蒸気の朝に。

原発牛乳がマグロとは特に関係の無い話をたまに書きます。

もちゃもちゃ話す女とツイキャスの話


今日、岐阜に行った。
岐阜までは家から名古屋駅まで行き、名古屋駅から更に20分くらい電車に乗ると着く。
先日は車で金華山まで行ったけれど、今日は文芸関係の会合のためであった。

私は写真を撮ったり文章を書いたりして時々展示をし、イベントに参加している。
けれど、同じように写真を撮ったり文章を書く知り合いが極端に少ない。
その少ない知り合いも、顔と名前がなんとか一致する程度で、正直に言えばあまり深く関わり合いを持ちたくないのである。
最近文章の方はそれほどでもないけれど、写真の方はそれが顕著だ。
私が他人にあまり興味を持たないということもあるし、下手に仲良くなったりして変な馴れ合いをしたくないというのもある。
写真は視覚ですぐに作品が入ってくるから、立ち止まって文字を追いかける文章作品より好き嫌いがわかりやすく、その判別が早い。
だからぱっと見の偏見のみで判断してしまいやすく、撮っている人自身について知ろうとしないからだと思う。

そんな私の数少ない文芸関係の友人2人と会合をした。
今回は2回目の会合であった。
まだ詳細は言えないが何かやろうということになり、有難いことに私も誘って頂いたのである。
3人の共通点は家がそこそこ近い(東海地方)ことと、文章を書いていること、そして何らかの形で写真に関わっていること。

思えばこの2人に初めて会ったのも4月のことであった。
今から2年ほど前だろうか。
あの時はこんなに仲良くなれるとは思っていなかったし、ただ美男美女だなあと思った程度だった。

そして時は流れ、岐阜で会合をすることになった。
まずは岐阜駅の中にあるカフェで昼食を摂り、近況報告などをする。
私は最近マイスリーを飲んだあとに生まれる怪文書を見せたりした。

f:id:magurochiru:20150427213909j:plain

チクワで笑ってもらえたので「眠剤を飲む」という罪悪感が少々取り払えてよかった(常日頃から不眠に悩んでいるというわけではないため、やはり眠剤を飲むことには後ろめたさがある)。

そして何やかんや話をしてサイゼリヤに移動。
サイゼリヤは多少下衆な話や下ネタに走っても許してくれそうな雰囲気の漂うイタリアンレストランである。
ドリンクバーを注文し、また何やかんや話していると
「ツイキャスとかやりたいね」
と1人が言った。
すると残る2人も「やろうやろう」「いいね、いつやる?」という感じになり、思い立ったが吉日、岐阜駅そばのカラオケ店に移動しツイキャスをすることになった。

ツイキャスとは、リアルタイムで動画を配信出来る便利なツールのことで、私も半年に一度くらい使っている。
ニコニコ生放送と同じようなものだが、そちらよりも敷居が低い気が何となくする。

カラオケ店に入り、部屋の選択をする場面で飛び込んで来たのは「ディスコルーム」という文字。
ミラーボールと近未来的なきらびやかな写真と共に載っていたため大変魅力的に思った私たちは迷わずディスコルームを選んだのであった。
そして部屋に入り、その暗さに驚く。
ちゃんと映るかな…という不安もあったが、何とかツイキャスが出来る程度の明るさに調整することができた。
その結果がこれだ!


見て頂くとわかるように、私は大変声が小さい。
声が小さいのは昔からコンプレックスであったが、こうも小さいとは正直思っていなかった。
私以外の2人は朗読などもやっているため通る声をしている。
私の声はなんかもちゃっとしている…
私は普段「挙動がおかしい人にはなるべく近付かないようにしよう」と心掛けているのだが、動画の中の私は絵に書いたような「挙動がおかしい人」だ。
緊張していたせいもあるが、最終的には拳を握りしめている。
その手の様子はまさにドラえもんそのものである。
私は自分がこんなにも挙動がおかしい人間だと想像だにしていなかったので、帰りの電車の中で録画したツイキャスを見ながら大変驚いた。
自分の挙動を改めようと誓ったのであった…

話の内容は特に意味もない雑談だけど、2人はとても美しく面白いので見る価値はあると思う。
だから見てね!!
多分また次もやります。
来月か、再来月あたりに。

最後に、この数少ない文芸関係の友人は作品はもちろん友人自身もとても魅力に溢れ、話していてすごく面白い。
この2人に誘って頂けたことが嬉しいし、友人に恵まれて幸せだなあと思う。
詳細が早く話したいけれど、それはもう少し先の話。
お楽しみに!!