マグロ散ル、水蒸気の朝に。

原発牛乳がマグロとは特に関係の無い話をたまに書きます。

パン


私は米より小麦粉が好きで、その中でもパンが一番好きです。
炭水化物制限…と言いながらも何だかんだ食べてしまって、本当に罪な食べ物だと思います。

パンを最初に作ったのは確か中学生の時。
今のようにインターネットで情報を模索したり出来る世の中ではありませんでしたから、料理本に載っていたパンのレシピを見ながら作りました。
結果は惨敗。
生来の面倒くさがりが祟って色々な工程を省いた結果、薄っぺらい小麦粉の塊が出来ました。
パンというよりナンに近かったかな。
でもナンよりも硬くて、「パンは作るより買った方が早いし安い」という結論に至りました。

あれから15年余り経ち、色んなパンを容易に手にすることが出来るようになって、当時至った結論は真理だと更に思い知ったのですが、またしてもふつふつと沸いて来たのです。
パン作りたい欲が!!

でも道具も揃えないといけないし面倒だな〜と思って日々その欲望を見ない振りをしながら生きて来たのですが、出会ってしまったのです。
本屋で。

f:id:magurochiru:20150809222844j:plain

※画像はAmazonで拾いました。

「日本一簡単に家で焼けるちぎりパンレシピ」という表題を見た時には、嘘や…という気持ちも湧きましたが、とりあえず型もついてくるしやるだけやって無理なら諦めようと思ったのです。
しかもお湯の温度が大事と書いてあるのに温度計を買い忘れてしまったし、今日は朝から断食していたし、明日やろうと思っていたのですが、「パン作りたい欲」が暴走して作ってしまいました。

f:id:magurochiru:20150809223250j:plain

こいつを!!


私は適当な人間なので、お湯の温度も「お風呂よりちょっとぬるいくらいでいっか…」みたいな感じだったのに、こんなに立派なパンが出来て幸せです。

しかも中身もちゃんとパンだった!

f:id:magurochiru:20150809223957j:plain

これお店でよく見るやつやん…
感動しました。

レシピ通りに作った基本中の基本のパンなので当たり前と言えば当たり前なのですが、適当な性分のせいでお菓子作りが苦手な私にとっては奇跡なのです。
パンはお菓子じゃないけど、分量とか温度とかお菓子作りみたいにきっちり計らないと上手くいかないと思っていたから。
こんな焼きたてパンが自分で作れるとは…
30歳にしてようやく知った新たな喜びでありました。


これからは日常的にパンを作って毎朝焼きたてパンを食べられるような、そんな生活を送りたいです。
時間は掛かるけど(材料計るところから焼き上がりまで約2時間半…)、生地を捏ねているときに生まれるパン生地への愛情、発酵させ膨らんでいく過程のわくわく、オーブンから取り出した瞬間のときめきは何物にも代え難いものでした。

パン作り最高だな〜!!
また近いうち作ります。
パン作りに慣れてしまっても今日のこの気持ちを忘れませんように。