読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マグロ散ル、水蒸気の朝に。

原発牛乳がマグロとは特に関係の無い話をたまに書きます。

31


昨年に引き続き、今年も大好きな恋人と一緒に誕生日を過ごすことが出来ました。
ありがたやありがたや…

昨年の誕生日の私↓

f:id:magurochiru:20150921221836j:plain

昨年は蒲郡にある竹島に連れて行って頂きました。

今年は私がどうしても一度行ってみたい場所があったので、半ば無理矢理知多半島へ。
世間はシルバーウィークど真ん中、そして始まったばかりの行楽の秋、びっくりするほど良い天気、ということも重なり高速道路はひどく渋滞しておりました。
私はなるべくなら渋滞には巻き込まれたくはないけど嫌いではないです。
特に帰りの渋滞は一緒にいられる時間が長くなるから…!


f:id:magurochiru:20150921214047j:plain

お昼ごはんは南知多町豊浜にあるまるは食堂で食べました。
駐車場に車を入れるところから座敷に上がるまで1時間ちょっと、それからごはんを食べて、12時過ぎに着いたのに全ての行程を終える頃には14時半を回っていました。
みんなエビフライ好きなんだな…(私も好きだよ)。

まるは食堂ではお客さんが多すぎて女将さんたちがとても混乱していて、つきだしのじゃこおろしが来たあとハマチの刺身が来て、

「米が欲しいな…」

と言い合っていたところにエビフライとキスフライが来て、

「すいませーん!ごはん下さい!」

というのを5回くらい繰り返したあとに煮魚が来て、そのあとようやく米と味噌汁が来ました。
私は普段あまりお米を口にしないのですが今日はお腹が空いていたこともあり、とても米が食べたい気分でした。

しかし…米が来ない…!
同じ座敷にいた他のお客さんのところにも来ていない…!

彼氏が「米ください」と言ったあとに他のテーブルからも湧き起こる「米はまだか」コール。
最終的に斜め後ろのテーブルにいたおじいちゃんは

「俺はもう米は要らん」

と拗ね、私たちのあとから来た隣のテーブルの家族は

「ごはんと味噌汁はなるべく早くください」

と言う始末(でも来るの遅かった)。
廊下では女将さんたちが

「いせえび(部屋の名前)ごはんまだ!?」
「ごはんまだ来てないよ!?」

と走り回っておりました。
その一連の流れが面白過ぎて、あとから彼氏とゲラゲラ笑いました。
まじで負の米ループでした。
でもエビフライは大きくてぷりぷりで美味しかったし、煮魚も味がしみてて最高だった!(米が早く欲しかった!)


f:id:magurochiru:20150921214127j:plain

順番待ちをしている間に撮ってもらった31歳になったわし。
痩せて体のラインも綺麗に出せるようになったし、これからはいっぱいパンツ(下着じゃない方)を履こうと思います。


ごはんを食べたあとは美浜町まで北上し、恋の水神社へ。
ここは恋についての願い事を叶えてくれる神様らしいです。
紙コップに願い事を書いて、手を合わせる前にお水を汲んでお供えします。
私は「健康で穏やかに仲良く過ごせますように」という旨のことを書きました。

f:id:magurochiru:20150921215502j:plain

おみくじを引いたら2人とも大吉だった!


f:id:magurochiru:20150921215834j:plain

そのあとは野間灯台に行きました。
ここは恋人たちの聖地(!)と言われているらしく、南京錠に名前を書いて灯台の下にあるモニュメントにさげておくと永遠の愛(!!)が約束されるそうです。

えっ!?ぱっさんこういうの好きなの…!?

と言われそうですが、私はこういうの大好きです。
永遠と絶対はファンタジーだと知っているけど!
こういうシチュエーションの下に自分を置くのが好きなんだ…!

f:id:magurochiru:20150921220202j:plain

南京錠は駐車場の隣の売店で買えます。
これに2人で名前を書いてさげました。
全く興味無さそうにしながらもちゃんと付き合ってくれる彼氏はえらいなと思います。


f:id:magurochiru:20150921220319j:plain

夕日が沈むまでまだ時間があったので、灯台の向かいにあるカフェでパフェを頂きました。
本当はモモパフェが食べたかったけど、今日はもう終了していたのでフルーツパフェにしました。
下がココナッツミルクになっていて美味しかったです。
パフェが大好きだったり恋愛系のスポットに行きたがったり、意外と私も普通の女だなと思いました。

このまま帰るのもさみしかったので夕日が沈むまで灯台の下におりました。
砂浜や海辺ではベタベタくっつきながらキッスを重ねるカップルが3組くらいいました。
それらを眺めながら「まるは食堂の米問題〜負のループ〜」について語り、ゲラゲラ笑い合いました。
私にはこの人しかいないなと改めて思った瞬間でした。

f:id:magurochiru:20150921220811j:plain

帰りに見た夕日がピンク色でとても綺麗でした。
これから先何年生きるかわからないけど、死ぬ直前に一瞬でもこの夕日のことを思い出せたらいいなと思います。


そして車を出そうとしたところ、売店のおばちゃんがなんとアイスをくれました!
おばちゃん最高に優しい…
ありがたやありがたや…

f:id:magurochiru:20150921221040j:plain

懐かしのメロンアイス、嬉しくて高速道路に乗る前にコンビニの駐車場で食べたら小学生の頃の味と何も変わっていなくて感動しました。


帰りもやはり渋滞していて、帰宅した頃には20時を回っておりました。

f:id:magurochiru:20150921221313j:plain

鳥羽に旅行にも行ったし、今日は私のわがままについて来てもらったのでプレゼントとかは要らないよ!手紙ちょうだい!と伝えてあったのにさりげなくかわいいものを用意してくれているところが大好きです。

31歳…本厄に突入…彼氏に2週間会ってない…つらい…まじやさぐれ……
と先週はずっと思っていたけど、それら全てを払拭するかの如く良い一日でした。
いっぱい笑って本当に楽しかった!
31歳もゲラゲラ笑える一年でありますように。


おわり。