読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マグロ散ル、水蒸気の朝に。

原発牛乳がマグロとは特に関係の無い話をたまに書きます。

大人の社会見学


今日は松山まりなと吉村桜子という友人と3人で岐阜に行きました。
向かう途中の名鉄電車の中で隣に座っていた人から死臭のような息が吐き出され死にかけましたが、なんとか瀕死の状態で辿り着きました。
岐阜は何度か行ったことがあるけど、思った以上に都会だ…!(失礼)という感想をいつも抱きます。

f:id:magurochiru:20150926223735j:plain

f:id:magurochiru:20150926223753j:plain

ダンスホールかっこいい。


お昼ごはんは駅に着いてからGoogleマップで「ランチ」と入れ、最初に出てきたところに向かうという適当さだったのですが、なんか当たりだった!

f:id:magurochiru:20150926223231j:plain

f:id:magurochiru:20150926223303j:plain

アジアン飯が食べられるカフェで油淋鶏のランチを食べました。
まりなはココナッツカレー、桜子はガパオライスのランチ。
ランチはサラダとスープも付きます。
ドリンク付けても1000円でお釣りが来たし、落ち着いた雰囲気でお客さんもまだ少なくて最高でした。
油淋鶏すごく美味しかったです。


その後は柳ヶ瀬の商店街を15分くらい歩きました。

f:id:magurochiru:20150926223646j:plain

「せあ〜」とは…(あぶない!!というか既に死にそうだ…)

f:id:magurochiru:20150926223824j:plain

柳ヶ瀬商店街は土曜日だというのに人の数が少なくて、人口密度がとても程よい感じでした。
奥に行けば行くほど人がいなくなる…


そして本日の目的地……

f:id:magurochiru:20150926223927j:plain

ヌード劇場 まさご座!!!
(劇場の結構手前にこのゲートがあって18歳未満禁止と書いてあるけどまさご座の前は民家で子どもの声がきゃっきゃしておりました。最高)

f:id:magurochiru:20150926224105j:plain

まさご座の手前にある説得力の無い標語。

f:id:magurochiru:20150926224132j:plain

そしてここがまさご座だ!!!
正面に放置された子ども用自転車の哀愁半端ない。


「よし!行くか!」

と意気込みを入れ中に入ると、気の良さそうなおじさん(もぎりの人?)がいました。
3人です、と言うと

「女の子は1000円ね〜」

と言われ、ラブホのフロントのような顔が見えない構造のフロント(日本語やばい)にお金を払いました。
そして靴を脱ぎ、番号札を渡され靴を預けます。

劇場の扉を開けて中に入ると中央に円形のステージがありました。
そこを取り囲むようにして席があります。
土曜日だからか既に満員に近い状態で、私たちは入口近くの席に並んで座りました。
椅子?ベンチ?がめちゃ硬い…
全体的に昭和の香りがしました。
私たち以外のお客さんは全員男性でした。

開演までドキドキしながら待ちます。
場内には昔のギャルゲーのオープニングのような厳かな音楽が流れておりました。
そしてアナウンスがあり、

「踊り子さんたちがお客様の近くに来て悩殺致しますが、決してお手を触れぬよう…」

というようなことを言っていて、3人で顔を見合わせました。
既にヤバイ!!!


そしていよいよ開演です。
スポットライトが奥のステージに当たり、着物を着た踊り子さんが出てきたので拍手をしました。

そこからはなんというか、すごい世界の連続です。
最初の方は踊りが終わったあと、なんとお触りタイムがあり、お客さんを順番に回っておっぱいを触らせてくれました。
触る前にはおしぼりで手を拭いてくれます。

「お母ちゃんのおっぱいだよ〜」

というその方の発言で、絶対この人良い人だ…と思いました。
おっぱいはとても柔らかくもっちりと手のひらに吸い付いて、私は思わず「ありがとうございます」と言ってしまいました。

「楽しんで行ってね!」

と優しい笑顔で声を掛けて下さり、手のひらを見つめながらカルチャーショックに身を震わせました。
こんな世界がまだ現在の日本に(しかも岐阜に!)存在していたなんて…!

その後はオープンショーと呼ばれるご開帳タイムです。
円形のステージの上で先ほどの踊り子さんはリズムに合わせてご開帳して行きます。
それを見ている最前の男性たち…
すぐに手が届きそうなところにそれがあるのに決して手を出さず、ただ眺めるだけという彼らは大人の紳士でした。
この空間にはもちろんルールがあり、それらをきちんと遵守した上でみんな楽しんでいる。
当たり前のことかも知れないけど、すごい……


次に出てきた踊り子さんはとても肌が白く、体が柔らかくてアクロバティックでした。
彼女を見ながらドラクエの踊り子のことを思い出しました。

お触りタイムは最初の方だけのようで、こちらの方ではポラロイドショーがあります。
一枚500円で自分の好きなポーズでポラロイド写真が撮れるのです(一緒に撮れたりもする)。
その接触の現場はさながらアイドルの現場のようで、差し入れをする人がいたり、「久しぶり〜」なんて声を掛けあっていたりしました。
しかし剥がしなどは無く、各々時間などはわきまえていて、有る程度の時間を共有すると自主的に離れて行きます。
大人だ…!!


そして3人目の踊り子さん、私は一瞬でこの方の虜になりました。
かわいい…
先ほどの2人には強い母性のようなものを感じましたが、彼女には「守ってあげたい」という気持ちが湧きました。
踊りも上手く、衣装も可愛くて、何より笑顔が最高で、お客さんを全力で楽しませたい!という気持ちが伝わってきたからかも知れません。

ポラロイドショーではまりなと2人で並びました。
ドキドキしながら順番を待ち、アイドルの現場でも好きなバンドの握手会でも何を話して良いか分からず挙動不審になる私は心拍数がMAXでしたが、彼女の優しい話し方ですごく心が癒されました。

「わ〜!今日はどうしたの〜!?」

私「あっえっと興味があって…一緒に撮ってもらっても良いですか?」

「ありがとう〜!(抱きついてくる!最高!)」

そんな感じで夢の中にいるような気分でした。
美月春さん、私は今日からあなたのファンです。

f:id:magurochiru:20150926231843j:plain

ポラロイドを撮ってもらったあとはサインを書いて頂きましたが、公演は一日に4回あるので次の公演まで写真を預けておくとメッセージを書いてくれたりもするそうです(隣にいたお兄さんが親切に教えてくれました)。
私たちは最初の公演を観たあとは出る予定だったのでサインを頂いただけでしたが、次は2回目くらいまで観てメッセージ書いてもらいたいな!


そして4人目、5人目の方も同じように滞りなく進み(5人目の方の時はTOのような方がリボンを投げたりしていました。すごい!)、一通り終わったところで劇場を出ました。

外に出るととても天気が良くて、そのまま即身仏になりそうな勢いでした。
最高のエンターテイメントを観ました。


その後行ったカフェで食べたケーキがすごく美味しかったです。
3人で昇天しました。

f:id:magurochiru:20150926232553j:plain

このお店もGoogleマップで「カフェ」と入れて一番近くにあったところにたまたま入ったのですが、めっちゃおしゃれで賑わっていて、なんというか岐阜最高だな…と思いました。

帰りは岐阜駅の南にある歓楽街、金津園を遠目で観察しに行きました。

f:id:magurochiru:20150926232804j:plain

小さい鳥が大量にギャーギャー鳴いていて、そこだけ世紀末のようでした。



ストリップを観たいと思ったきっかけは、次に書こうと思っている小説の中にストリップ劇場のことを出したくて、でも行ったことないのに書くのもただのファンタジーだし良くないな…と思い、まりなと桜子を誘ったのでした。
結果的にこの3人で行けたことがすごく良かったと思います。
感想を言い合っているときめちゃくちゃ楽しかった。
3人ともずっと「岐阜最高」と言っていました。
また柳ヶ瀬のあたりをふらっと歩いてみたいな。

晩年は岐阜に住むのも良いかも知れない。


以上、大人の社会見学レポートでした!


おわり