マグロ散ル、水蒸気の朝に。

原発牛乳がマグロとは特に関係の無い話をたまに書きます。

「蜜会 Vol.1 中毒」終了しました


蜜会、3日間の展示を無事に終了致しました。
書きたいことはいっぱいあるのですが、何だかもう胸いっぱいで言葉になりません!
とにかくありがとうございました!


最後にした蜜色金魚での記念撮影。

f:id:magurochiru:20151117234947j:image

わしのほっぺたぱんぱんじゃ…

f:id:magurochiru:20151117235312j:image

写真展示の様子。
3人とも脱ぎたがりの露出狂なので肌色多めの写真になっております。
ゲラゲラ笑いながらの撮影楽しかったな…
展示していない写真もいいやつばっかりなので、いつかどこかで発表したい!


今回参加して頂いた出展者様、会場のspazio ritaさんには本当に感謝の言葉しかありません。
「蜜会」の名に相応しい展示とあの空間は、唯一無二のものだったように思います。
ありがとうございます。

Vol.1となっておりますので、今後Vol.50くらいまでは続けて行きたいと思っております。
ちゃんかさ、かとしんというメンバーに恵まれて幸せです。
この二人は性別を超えて戦友のような家族のような、そんな関係です。
私は一生ひとりで一匹狼でいいんだ〜と思っていたけど、この二人とならもっともっと世界が広がるし、新しいことにどんどん挑戦していけそうな気がします。

f:id:magurochiru:20151117235853j:image

蜜色金魚初の映像作品「ぼくたちはどこにもいけない」も上映しました。
(お写真はritaさんのTwitterからお借りしました)

私はずっと映画が撮りたかったのですが、一人でやるには限界があるしきっと面白くないし、でも協調性は皆無なので誰かとやるのはきっとしんどい…やめとこ…と諦めて来たのです。
映像が撮りたいな、と蜜色金魚の最初の会議で言い出したのは私で、それはほんの遊び心のようなものだったのですが、二人ともその話に乗ってくれてトントン拍子で事は進みました。
私は脚本と撮影、そして監督という名前を頂きましたがただ茶々を入れていただけで、お二人の演技力と人間的な魅力によってとても良い作品に仕上がったと思います。
編集を頑張ってくれたちゃんかさ先生、上手いことまとめてくれたかとしん先生、この二人がいなければ私は映画を撮ることもなく羨望だけを抱きながら生涯を終えていたことでしょう。
私の夢を叶えてくれて本当にありがとう。
また映像やりたい!!


蜜会は終わりましたが蜜色金魚の活動はこれからも続きます。
私個人の活動も細々と続けていくつもりです。
新刊が思いのほか売れていて本当に嬉しかったです。
お手に取ってくださった方、お買い上げ頂いた方、ありがとうございました。

通販もする予定です。
またTwitterなどでアナウンスしますのでよろしくお願いします。


今日はゆっくり寝たい!
おやすみなさい。