マグロ散ル、水蒸気の朝に。

原発牛乳がマグロとは特に関係の無い話をたまに書きます。

娘とドライブした


今日は久しぶりに何も予定の無い土曜日でした。
最近は仕事だったりイベントの準備があったり、何かしら忙しくしていたので娘と二人で過ごす久しぶりの土曜日でもありました。
しかしあいにく二人とも風邪っぴき…
どこかに出掛けるにしても人ごみの中に飛び込んでは余計風邪を悪化させてしまう恐れがありました。
 娘は友達と遊びにも行けず暇そうだし、ずっとゲームばかりさせるのはあんまり好ましくない。

色々と考えた結果、少し遠くにドライブするくらいなら、車移動で人との接触も少ないし良いかも!と思い立ち、東名高速に乗って東へ向かいました。

f:id:magurochiru:20151128211122j:image

今日は天気が良くて昼間は車に乗っているだけで日差しが暖かかったです。
外に出ると空気が冷たくて、ああもう冬なんだなあ、と少し寂しくなりました。

制限速度をなるべく守りながらキープレフトの精神で、時々サービスエリアに寄りつつのんびりドライブ。
車内でのBGMは「ともにゃんセレクト」という私が厳選した音楽(Plastic Treeなど)を流しておりました。
たまに熱唱したり鼻歌歌ったり、娘が「これよくカラオケで歌うやつだね」と合いの手を入れたり、車で最初に音楽を聴こうと思った人は素晴らしいな!と思いました。

f:id:magurochiru:20151128211916j:image

別に揃えたわけではないのにたまたま似てしまった洋服。
朝それぞれ着替えて部屋から出た瞬間「似てるね…」と言ってしまいました。
私は一人っ子だし相手は娘なのでもしかしたら違うかも知れないけど、もし妹がいたらこんな感じなのかなあとちょっと思ったりします。

高速を走っている途中で娘が寝てしまい、車内の温度、静かさ、揺れ、の全てがベストな具合になってしまったので居眠り運転の危機を味わいましたが、頬を叩く、頭を振る、大声で熱唱する、などの刺激で何とか乗り切りました。
一番効果があったのは大声で熱唱することでした。
歌詞を思い出しながら歌うと脳みそを動かすので良いのかも知れません。


静岡県に入り、三ヶ日のインターを降りて更に30分くらい、浜名湖をぐるっと周ってようやく到着したのは!

f:id:magurochiru:20151128212605j:image

ハンバーグレストランさわやか!!!

さわやかのハンバーグが食べたいという理由だけで静岡県まで行ったのは初めてです。
いつもはどこかに行ったついでのさわやかでした。
でも無性に食べたくなってしまったのです。
今回は公式ホームページに「名古屋から一番近い店舗」とあった湖西市のさわやかに行きました。

f:id:magurochiru:20151128212836j:image

あああ〜〜幸せじゃ〜〜〜
としばしハンバーグを堪能し、肉の味を噛み締めました。
死ぬ前に食べたい食べ物を3つ挙げろと言われたら、さわやかのハンバーグは有無を言わさずインします。

ハンバーグを存分に楽しんだら帰るのみです。
今日の目的はさわやかのハンバーグ、それだけ。
風邪ひいてるしとっとと帰るぜ!

f:id:magurochiru:20151128213244j:image

と思ったけど、やっぱり眠気とのたたかいになりまして、途中で何度かサービスエリアに寄りました。
昨今話題の刈谷ハイウェイオアシスはチャイニーズで溢れておりました。
デラックストイレで始まるチャイニーズマダムたちの撮影会…

f:id:magurochiru:20151128213408j:image

もう何も食べないつもりだったのに食べてしまったチョコバナナクレープ。
肉を食べたら甘いもの食べたくなるよね。
明日は断食!


帰宅したのは18時半頃でした。
名古屋を出たのが12時半頃だったので、約6時間でゆっくりドライブして静岡県まで行ってハンバーグとクレープを食べて帰ることが出来ると知ってしまったので、また「さわやか食べたい発作」が起きたら行きたいと思います。

そして今日は車移動だしマスクすればいいやと思って全く何もせずすっぴんで静岡県まで行きました。
そんな強行を犯したのも久しぶりかも知れない…

f:id:magurochiru:20151128214022j:image

車で自撮りしたけど黒縁で白黒加工すると遺影っぽくなりますね。

f:id:magurochiru:20151128214059j:image

これは「パーティー」というフィルターをかけたものですが、目が据わっているので何パーティーなのか気になるところですね…


帰宅後は疲れがどっと押し寄せて来てそのまま寝てしまいました。
そのまま寝てしまってもすっぴんだから別にお肌への負担とか気にならない!
素晴らしい!!



私は車を運転しながら日が暮れていく様を見るのがとても好きです。
小学校高学年から中学生くらいにかけて、夕暮れ時や早朝にとてつもない切なさに襲われて、この気持ちをずっと忘れたくないなと思っていたのですが、その時の感情に似ている気がします。
さっきまで明るかったのに夜が来るのは一瞬で、楽しかった時間を奪われてしまうような(でも暴力的なものではなく、宝箱に泣きながらしまうような)感じ。
正でも負でもない感情。
他に何と説明して良いのかわからないけど、この気持ちは出来れば死ぬまで忘れたくないなあと思います。


楽しかったし行ってよかった!
明日は仕事!