マグロ散ル、水蒸気の朝に。

原発牛乳がマグロとは特に関係の無い話をたまに書きます。

非現実に逃亡

 

某同人誌の原稿の締切が月末に迫っているのに、Wordを前にして立ち尽くす私は一文字も書けず、悲しみに暮れながら中川コロナに出掛けた。

中川コロナとは、映画カラオケゲーセンスーパー銭湯ボーリング漫画喫茶などが集結している複合型アミューズメント施設である。

夏休みの夕方以降に中川コロナに出かけると、ピカチュウやスティッチの着ぐるみを着てヒョウ柄のキティちゃんのサンダルを履いた若者たちが無気力極まりない格好でたむろしている。

そんな中川区の憂いを垣間見ることの出来る中川コロナ、到着したのは11時より少し前であった。

とりあえずヒトカラ90分。

 

f:id:magurochiru:20160627000050j:image

f:id:magurochiru:20160627000019j:image

f:id:magurochiru:20160627000033j:image

 

90分あると14曲歌える!

途中でCoccoの遺書という曲を挟んだことを後悔しました。

私は地声が低いので女性ボーカルの曲を歌うと喉が死ぬ…

大体いつもPlastic TreeとSuGとR指定あたりを歌います。

 

その後映画館に移動。

 

f:id:magurochiru:20160627000421j:image

f:id:magurochiru:20160627002959j:image

 

映画を2本続けて観るの久しぶり。

どちらもR15指定の映画、よく見たらスクリーンも選んだ座席も同じだった。

私は本でも映画でもライブでも感想を書くということが本当に苦手なので、観ながら思ったことだけ書き記しておきます。

ネタバレがあったらごめんね。

 

「ディストラクションベイビーズ」はサイコパスキチガイ暴力野郎(柳楽優弥)に巻き込まれて行く人たちの話。

面白がって近付いて来た男子高校生(菅田将暉)はだんだん調子に乗って「俺ずっと女殴りたかったんスよね〜」ってお前本当にクズだな??

サイコパスキチガイ暴力野郎ですら女子どもには手出してないのにクズで正直でお調子者の菅田くんは道行く女子高生をボコボコ殴っちゃうし、強奪した車に乗ってたキャバ嬢(小松菜奈)も殴る蹴る関係無いし、最終的にはトランクの中へ…

サイコパスキチガイ暴力野郎の弟は兄を探して街まで出てくるけど、兄がサイコパスキチガイ暴力野郎だから友達にも馬鹿にされてるし家に花火投げ込まれたりしちゃう。

そんで結局自分もサイコパスキチガイ暴力野郎になりかけている。

舞台は四国の松山で、どんよりとした田舎の燻った空気とそこから逃げ出したいのにどうしたら良いかわからない若者たちのぶつかり稽古って感じの映画だった。

最初から最後までずーっと人が大体血まみれだしボコボコだし、暴力的な映画は観たあと精神的にヤラれるということを今まで何度も繰り返して知っていたのに観てしまった…

学習してないね…

登場人物が全員頭がおかしくて狂ってる中、向井秀徳の声だけが優しかった。

 

観終わったあと、何か食べようかと思ってフードコートをうろついたけどラーメンなどは食べる気にならず、結局150円のコロッケを一つ買って食べた。

揚げてから多分1時間以上経っていたんだと思うけど、衣はびしょびしょだし大して美味しくなかった。

でもこの映画のあとに相応しい感じはした。

 

2本目「少女椿」は、原作を何度も読んでいるしSuGの武瑠さんがカナブン役で出ているので、公開されたら絶対観に行こうと思っていたのだった。

何故私の地元のど田舎のシネコンで上映してくれたのかその経緯はわからないけど、とても有難い。

少女椿、ラストは映画のオリジナルだけど、そこに至るまではかなり忠実に再現されていて良かったのではないだろうか。

私はほぼ全編武瑠さんを見ていたけど、お尻が凄く綺麗だった。

この一言に尽きます。

みどり役の中村里砂ちゃんは特別演技が上手いわけでもなくセリフも棒読み感溢れているけど、それが逆に作品によくマッチしていて良かったと思います。

あと脚がめっちゃ綺麗だった。

 

隣に座っていたおばちゃんは途中で大きないびきをかいて寝始めたので、そっと席を移動しました。

開始5分くらいで寝始め、エンドロールの最後で起きたおばちゃん。

何しに来たのかな…お昼寝しに来たの…?

会場の半分以上は武瑠さんのファンの女子共で、携帯にチェキを挟んでいたり(斜め後ろから見えたよ)、SuGのバンドTシャツを着ていたりととても分かりやすかった。

私は何も考えずにR指定の青春の闇と書かれたTシャツを着て行ったけど、SLVSのツアーTシャツで行けば良かったな…

 

きっとどちらの映画も賛否両論分かれるタイプだと思いますが、私はどちらも好きでした。

映画が始まる前の予告が一切無いのもとても良かった。

母には「寝るんじゃない?」と言われていたけど、寝る隙が全く無かった。

また観る機会があったら、別の角度から観られたりするのかな。

 

そして帰りに地元のスーパーで買い物をして帰宅したら、なのちゃんのトイレ用のシーツを買ったのに忘れてしまって、お店に電話したらあるとのことたったので取りに行きました。

本日最大の無駄足!

 

f:id:magurochiru:20160627003527j:image

 

Amazonの箱に埋もれるなのちゃん。

 

アウトプットできないときはひたすらインプットするしかないんや…という謎使命からの一日になりましたが、暴力的な映画を2本連続で観たので私の頭はショート寸前であります。

原稿間に合うかな〜〜〜〜

がんばろ…