読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マグロ散ル、水蒸気の朝に。

原発牛乳がマグロとは特に関係の無い話をたまに書きます。

中途半端に寝て中途半端な時間に起きて途方に暮れている

 

昨晩眠気の限界を感じた私は、21時過ぎにはふとんに入った。

寝よう寝ようと思いつつ、インターネットで

「化粧 仕方 初心者」

「奥二重 アイメイク」

「離れ目 メイク」

などというワードを検索してしまい、あかんこのままでは寝られんくなる…と思い22時前には寝た。

このときはスッ…と夢に入場出来たと記憶している。

 

夢の中で彼氏と旅行に出かけていた。

彼氏は私が知っている彼氏だったが、やたらとくっついて来たがった。

いつもは私の方がうざがられる程度にくっついて行くので、何だか嬉しかった。

朝起きると旅館の人が部屋にいて、寝ている私と彼氏に向かってふたりのなれそめを話せ、と言う。

寝ぼけ眼の私と彼氏は

「なれそめ〜?別に普通だよね…」

「だな…人に言えるほど大したもんじゃない…」

とお互いの顔と旅館の人を見比べながら適当に答えた。

旅館の人はあまり納得していない様子で、怒って部屋から出て行った。

なんやねんあいつ…という空気が流れる畳の部屋。

「ねーぎゅってしてー」

と私が言うと彼氏はいつも通り「ハイハイ」と言いながら抱きしめてぎゅーってしてくれた。

ただそれだけのオチのない夢。

 

目が覚めたら3時すぎくらいを予想していたけど、まさかの1時であった。

まだ1時かよ…!

それから2時間寝る体勢を取ろうとごろんごろんしてみたけれど、夢の入り口は全く見つけられなくて、明日の予定を考えると絶望しかなかったため諦めて眠剤をさっき飲んだ。

 

あんまり食べない時期に突入すると、寝つきが悪くなる気がします。

眠くても眠れないという地獄。

眠剤はそんな地獄に下りてくる一本の蜘蛛の糸なのである。

だから眠剤だからと目くじら立てたり、眠剤飲んでるからぱっさんはメンヘラやね、と誤解したりしないでほしい。

本物のメンヘラは眠剤どころじゃ生ぬるいし、メジャーとかラボナとかベゲタミンとか手のひらいっぱいに飲んで盛大に肌荒れして更に自己嫌悪に陥るから…

ぱっさんは元気な人寄りの人間だよ。

 

そういえば先日あたりから急に美容に目覚めた私は、デパートの化粧品カウンターに行き白い粉とマスカラを買いました。

そしてドラッグストアでは前から気になっていたプチプラのファンデーションとブラシと洗顔料などを買い、パンを買って帰宅。

良い夕の暮れでありました。

 

f:id:magurochiru:20160910033504j:image

平たい顔族にどれだけ化粧を施しても平たい顔であることは変わらないんだよなあ。

でも化粧という行為に希望を感じているから、また新しい手法を模索してしまう。

明日はドラッグストアでアベンヌウォーターとスポンジが袋にたくさん詰められているやつを買うぞ! 

 

f:id:magurochiru:20160910033704j:image

並べて気付いたけど、私の目、なのちゃんより離れてるのね…