マグロ散ル、水蒸気の朝に。

原発牛乳がマグロとは特に関係の無い話をたまに書きます。

とりあえず自己を肯定していくスタイル

 

職場に23歳の男性がいる。

可愛らしい顔立ちをしていて、きっとそれなりにモテるであろう。

23歳という若さながらしっかりと仕事をこなしているが、私の方が今の職場に長くいるので分からないところは時々尋ねて来る。

そんなに忙しくないとき、彼と仕事以外の当たり障りの無い話をすることもある。

今日は

 

「私は多分自己評価があんまり高くないと思うんですよ」

 

という話をした。

何でその流れになったのかは覚えていない。

10歳近く年下の男の子に何でそんな思春期の相談案件みたいな話をしてしまったのか、今となっては全く思い出せないのだが、彼は

 

「自己評価が高い人って周りにいます?僕の周りには殆どいないですね…みんな自己評価低いですよ」

「逆に自己評価が高すぎると不安になりません?こいつ大丈夫かなって…心から信用出来ないというか…」

 

たしかに!!

9歳年下の男の子の回答に「たしかに!!」と深く頷いてしまった。

彼は人格的にも信頼が置ける人物で、職場の上の人間からも有望視されているしこのままだとどんどん上のポジションについて行くことだろう。

きっとこうして私の思春期みたいな相談に乗ってくれるのもあと少しだけで、気が付けば空の上みたいな…(死んでないけど)

いつか手の届かない場所に行ってしまうんだろうなと思いながら、WEBのページの色の配置とフォントに悩んでいたので化粧品の広告を引き合いに出して、この辺とか参考にならんかね、と先輩らしくアドバイスをした。

彼は人当たりも良いので

 

「あっ良いかも知れないですね!ありがとうございます!」

 

と丁寧に礼を言って自分の仕事に戻って行った。

私は帰りに北海道物産展で買うものを頭の中でまとめていた。

六花亭のマルセイバターサンド、シレトコドーナツ、ロイズのポテトチップチョコレートはちょいちょい来てるしあんまり買うと食べ過ぎて太るから今回は見送り…

彼が色の配置について真剣に悩んでいる間、私は北海道物産展について真剣に悩んでいた。

今日は第一弾の最終日だから17時閉場だ。

早めに終わればその前に着くかも知れないが、定時まで仕事をする可能性もある。

そうすると行けなくなる。

別に今日行かなくても良いけど、次仕事帰りに行けるのが日曜日で、日曜日はめちゃめちゃ混むやん?

それはいややな…今日行きたい……

と自分のことしか考えていない間、彼はWEBのフォントについて真剣に悩んでいた。

23歳の男の子が真面目に働いているのに、私は自分のことばかり考えている。

私は自分がゴミみたいな女だなと思った。

思ったあとに彼の

 

「自己評価が高い人って周りにいます?僕の周りには殆どいないですね…みんな自己評価低いですよ」

 

という言葉を思い出して、こいつはその後の私のフォローまでしている(と私が勝手に思い込んでいる)しどこまで出来た人間なんだよと頭を抱えた。

彼のように頭の回転が速く、仕事に尽力する人間に対し私は申し訳無さを覚える。

劣等感とかは無い。

最初から完全に自分より上の人格レベルに達している人間だと思い込んでいるから、まず比較をしない。

私よりも人格レベルが上である分、頑張って日本を支えていってほしいし経済をどんどん回してほしい。

私は下からそれを見上げながらたまに茶々を入れたりする。

それだけ。

それだけなんや……

 

何だか急に「私の存在価値とは」「アイデンティティとは」みたいなことを考え始めてしまい、終業前の数分にiPhoneのメモに小説の冒頭の走り書きを残しておいた。

その直前に頭に浮かんだことをメモしておくのは私のくせだ。

いつかこのメモが原稿用紙100枚くらいの小説になってどこかの新人賞を受賞し、私の自己評価を少しでも上げてくれたら良いなと思う。

 

f:id:magurochiru:20170307234509p:image

 

最近全然小説というものを書いていないので書きたい。

書こうと思えばきっといつでも書ける。

時間は自分で作り出すものだし、本当にカツカツのスケジュールでも移動時間とか昼休みとか、その僅かな時間の積み重ねで大作は生まれるのだと思う。

そもそもそこまでカツカツではないスケジュール、帰宅後昼寝の時間がある日常、何もしないまま「非生産的な一日が終わった…」と呟く休日、があるのだからそれくらい容易いと頭ではわかっているのだ。

 

頭ではわかっている!わかっているんだよ!

でも私は自分に激甘人間なのでやらないだけなんだよ!!!

 

いや、やろう。

やろうや。

熱意を見せろ!!!(社長の口癖)

 

 

どうでもいいけど、結局今日は北海道物産展で

 

・マルセイバターサンド(私の麻薬)

・シレトコドーナツ(東京駅でいつも買うやつ)

・蒲鉾の詰め合わせ(母に)

・鹿の肉

 

を買った。

鹿の肉食べたことある?

私は小6の時、初めて行った中国で鹿肉を食べた記憶があるのだが、どういう味だったか全く覚えていないので別に美味くも不味くもなかったんだと思う。

私は32年の人生で一度もジンギスカンというものを食べたことがない。

いつかは食べてみたいという欲望はある。

なので今日北海道物産展で、あっジンギスカンの肉売ってる〜と思い買ったものを家で開けてみたら鹿肉だった。

娘に「ジンギスカン?羊?」と聞かれて初めて

 

ジンギスカンって羊やん!!!」

 

と気が付いた。

なぜ私は鹿の肉を……

とりあえずこの先の人生で鹿の肉を食べる機会は多分もう無い気がするので近いうちに食べてみようと思う。

そして羊のジンギスカンが食べてみたい。

北海道物産展ではなく北海道に行きたい!夏の!!冬はイヤ!!!(寒い死ぬ)

 

 

 

◎最近のぱっさん◎

末永鶏という親しい友人の誕生日祝いをした。

ようこそ30代へ…

 

f:id:magurochiru:20170308000346j:image

f:id:magurochiru:20170308000359j:image

美味しいイタリアンを食べたあと、栄の街中でストリートスナップごっこをし、三越の化粧品売り場をうろうろした。

 

f:id:magurochiru:20170308000457j:image

ルイヴィトンと私。

 

f:id:magurochiru:20170308000516j:image

テレビ塔にものぼった。

テレビ塔のスカイデッキで

「(精神的に)やばいと思ったらまず朝起きて10分くらい陽を浴びる。外に出て少しでも散歩をする。乳酸菌を摂る。それでダメなら病院に行く。何もしないでグダグダ病んでるやつは一生病んでる」

というメンヘラ談義を交わし、キレートレモンを半分こして飲んだ。

 

f:id:magurochiru:20170308000750j:image

 

とても楽しい一日であった。

人生長く生きた分だけ色々あるよ。

 

 

明日は彼氏とうまいもん食べに行く!

明後日は人間ドックだ!

長生きしたい!!!

 

 

おわり