マグロ散ル、水蒸気の朝に。

原発牛乳がマグロとは特に関係の無い話をたまに書きます。

男の子になりたい

 

今月も48時間断食をした。

しかし、今月から大量に飲んでいるサプリメントの飲み方を変え、夜の分はまとめて寝る前に飲んでいたのをやめた。

「食事と共にお召し上がりください」と書いてあるものを夕食後に飲むことにしたのだ。

 

アメリカのサプリメントによくある「食事と共にお召し上がりください」ってさ、いつ飲むのが正しいのかな?

食事と共に…?

レタス食べたあとにサプリメント飲んでそのあと味噌汁飲んだりすればいいのかな??

 

変なところで生真面目な私はそこでとてもとても悩んで、結局夕食後に飲む→そのあとにデザートを食べる、という流れを組んでいた。

そうなると、「食事と共にお召し上がりください」のサプリメントは何かしらを胃に入れた状態で飲まなくてはならない。

 

断食出来ないな???

 

私はまた悩んだ。

私の中で断食とは、水分のみを摂取して固形物を一切断つということだ。

それに一度固形物を口にしてしまうと、欲深い私のことだからきっと歯止めが利かなくなりガンガン食べてしまう。

断食どころじゃない。

それはアカン…

 

断食をやめるか?

サプリメントをやめるか?

 

基本的に「0か100か」という極端な思考なので、どちらかしかない。

そして悩みに悩んだ挙句、断食1日目の家族の晩ごはんの残りでテーブルの上に置いてあった芋の天ぷらがとても美味しそうだったこともあり、私は芋の天ぷらを2枚食べた。

1枚食べたあとにサプリメントを飲んで、そのあとにまた1枚食べたのだ。

 

終わった………と思った。

今月は断食出来なかった…

意志が弱すぎる……

でも芋めちゃめちゃうまかった…つらい……

 

 

そんな極端な私ですが、2日目はきちんとリセットをして、朝から夕方まではまた例の断食ジュースのみで過ごした。

昨日のことは忘れよう。

たった一度の過ち、自分を許すことも必要だ。

別に死ぬわけじゃないし??

そしてまた「食事と共にお召し上がりください」のサプリメントを飲む時間がやって来た…!

 

この日の晩ごはんは唐揚げだったので、帰宅早々「唐揚げだ〜!」と自分が断食していることなどすっかり忘れてテンションブチ上げ状態だった。

 

もう昨日芋食ったし?

唐揚げ→サプリメント→唐揚げの方式でいけば良くない??

 

と私の中のパリピのような人格が騒いでいたので、私は唐揚げを食べた。

そしたらさあ、唐揚げめっっっちゃうまいの。

私唐揚げ大好きなこと忘れてたよ。

この世で好きな食べ物の上位10番以内には入るね。

私はサプリメントを飲むことも忘れ、唐揚げにまた手を伸ばし口に運んだ。

 

ハァ〜〜〜〜!!うめ〜〜〜〜〜〜!!!

 

しかしこの幸せは刹那的なものである。

長期的に自分の体のことを考えると、24時間何も入れていない胃袋に揚げ物を投入することは自殺行為…

「断食明けの胃袋は赤ちゃんと同じだと考えて下さい」

って書いてあったでしょ!

と私の中のオカン担当の者がパリピに対して怒っている。

しょげるパリピ、流し込むサプリメント

そして我に返った私は唐揚げから目を逸らし、風呂に入った。

 

 

そんな中途半端なことをしたからか、今月は体重の減りがあまりよろしくない。

そりゃそうだ、自分のこと甘やかした結果だよ!

別に断食して体重減らしてキープしたところで1億円もらえるわけでもないし、何が楽しくてダイエットしてるのかな…と思うこともあります。

 

 

f:id:magurochiru:20170915133937j:image

しかし復食1日目の昨日、昼間はまた月見バーガーというハードなものを食べて(もう断食の概念は捨てた)、夜は久々に風呂屋に行った。

私の体重は断食と風呂屋でキープされていると言っても過言ではないくらい、風呂屋という存在は大きい。

女には月に一度、公共の風呂に浸かれない時期がある(その時期が一番体重が落ちたりする)のだが、断食はいつもその時期に被せていたので風呂屋は5日ほどお休みしていた。

そして昨日、昼間の月見バーガーにより42.3kg(入浴前)になっていた体重を40.8kg(入浴後)まで落とした!

 

久しぶりに見た40.○kg台〜〜!

大好き愛してる〜〜〜〜!!

 

とテンションが上がった。

ここで落ちた1.5kgは100%水分だろう。

水を飲めば元に戻る、幻想のようなものかも知れない。

でも寝るまでの数時間で1.5kg分も水飲む?飲まないよね?

一気にそんなに水飲んだら水中毒になって死ぬよ!

なので増えたとしても大体0.5kgくらい。

1kgは減ったままなのだ。

その繰り返しで体重は落ちて行く(でも脱水とかで危険なこともあるので慣れない人はやらない方がいいよ)。

 

 

そして今日もまた風呂屋に行こうかなと考えている。

きっと今日風呂屋に行けば、ここ数年間の最小値を叩き出すことになるだろう。

私は私の知らない世界が見たい。

ダイエットを始めた頃の目標は42kgだったけど、それを乗り越えてしまった今、目指すところは40kgであった。

でも40kgもあと少しで手が届くところにいる。

目標を失った私はきっと燃え尽き症候群となり、もしかしたらまた過食の道に戻るかも知れない。

それは絶対にイヤだ…

苦労して手に入れたこの体をブヨブヨにすることなど考えたくもない。

そして辿り着いた結果…

 

「目標値を38kgにする」

 

ワ〜〜!38kg〜〜〜!!

これはきっとなかなか達成出来ないだろう。

記憶の中の38kgは小学3年生くらいで止まっている。

しかも小3の時って今より15cmくらい身長低かったし、実質無理では??

 

でも何かしら目標を掲げていないと私はそこで力尽きてしまうのだ。

多分きっと38kgにはなれないので、38kgを目指していれば大体40kgくらいをキープ出来るだろうという算段です。

とりあえず今日も風呂屋行って来るわ!

 

 

f:id:magurochiru:20170915134528j:image

↑絶対に目線をくれないなの先生

 

そんな私は今、自分の理想にかなり近い体型であるんだけど、私の理想って全員男の子なんですよね。

SuGの武瑠くんとかDEZERTのMiyakoくんのような男の子になりたかった(画像の転載は良くないと思ったので各自検索して下さい)。

細身で中性的、MILKBOYやヴィヴィアンの洋服をさらっと着こなす華奢な印象の男の子。

 

と書いていたところで彼氏のことを思い出した。

彼氏もまさにそのタイプの男性だ。

全体的に線が細く、デザイン性の高い難しそうな服をいとも簡単に着こなしている。

そういう服は、全体のバランスが整っているスタイルの良い人が着ないと全体がキマらない。

なんというか、みっともなくなるんですよね…

オシャレじゃなくなるというか…

 

彼氏は付き合い始めの頃、デートの時に青いタータンチェックのボンテージスーツで現れたことがある。

そして誕生日プレゼントにトイザらスで豚のぬいぐるみを買ってくれた(大好き)。

f:id:magurochiru:20170915134643j:image

↑2014年9月のぱっさん

 

青いタータンチェックのボンテージスーツが彼氏以上に似合う人を私は知らない。

整った顔立ちをしているし、綺麗に化粧をすれば私よりずっと女性らしいだろう。

最近は華奢というより若干ガッシリして来たけど、それはそれでまた良い。

 

最終的に私は彼氏になりたいのかも知れない。

私がいつも思うのは、男の子になって女の私と付き合いたいということ。

つまり私が彼氏になって私と付き合えば万事解決なのでは…(?)

 

ということを最近ずっと考えています。

何というか、ただ彼氏のことが大好きなだけっていう話なんだけどね!(ハハッ)

 

 

 

◎最近のぱっさん◎

f:id:magurochiru:20170915135018j:image

マイスリーで意識が朦朧としている中、爪を塗るのがブームです。

大体めっちゃヨレてるしはみ出てるけど、頑張って塗ってるみたい。

朝起きて爪に知らない色が塗られていると「!?!?!?」という気持ちになりびっくりします。

絶対に男ウケしないコンクリートみたいな色の爪が好き。

 

 

 追記

※ボンテージスーツで検索すると

f:id:magurochiru:20170915142129p:image

↑こういうのばっかり出て来るんだけど、

 

f:id:magurochiru:20170915142203p:image

↑これね!こっちのタイプね!

上のタイプでデートに現れても私は彼氏のこと大好きだけどね!!

 

 

おわり